一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 今年中に廃棄物発生回避プログラムを改正へ

環境行政 環境基準】 【掲載日】2020.07.17 【情報源】ドイツ/2020.06.18 発表

 ドイツ連邦環境省は、今年中に廃棄物発生回避プログラムを改正することを公表した。2013年以降実施されているこのプログラムは、廃棄物量の削減と汚染物質含有量の削減に対する一般市民の意識を高めることを目指している。実際、多くの自治体では、廃棄物に関する相談サービスの提供やセカンドハンドショップの活用などにより、企業だけでなく、市民も廃棄物の発生回避に取り組むことに成功している。しかし、まだまだ対策の余地はあり、廃棄物の量的発展と経済成長を切り離すことが可能になったものの、廃棄物の発生量の絶対量は高いままとなっている。廃棄物発生回避プログラム改正案では、市民や他の関係者(連邦政府、州、地方自治体、企業、団体など)が、廃棄物発生防止にどのように貢献できるかについての具体的な提言に焦点が当てられており、関係団体や市民は、早い段階で、意見を表明する機会を得ることになる。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース