一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

既存の再エネを活用した水素供給低コスト化に向けたモデル構築・実証事業の二次公募を実施

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2020.08.05 【情報源】環境省/2020.08.04 発表

 環境省は、既存の再エネを活用した水素供給低コスト化に向けたモデル構築・実証事業の二次公募を実施する。
 この事業は、本格的な水素利活用の拡大によって中長期的な地球温暖化対策を推進することを目的として、既存の太陽光発電施設や風力発電施設等を利用して得た地域の再生可能エネルギー等を活用して水電解装置を稼働させるといったモデルを構築し、水素をつくり、はこび、ためて、つかうといった、製造から利用まで一貫した低コストな再エネ水素サプライチェーン実証を行うもの。

 公募実施期間:令和2年8月4日(火)〜 同年8月31日(月)

 応募方法等詳細はプレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース