一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

日独の若者、環境保護のための税負担に慎重姿勢 韓・米・スウェーデンに比べ

【発表日】 2004.01.13 【情報源】 内閣府 【エコビジネス 環境と経済

 内閣府が2004年1月13日に発表した第7回世界青年意識調査の結果の中で、日本とドイツの若者が韓・米・スウェーデンの若者に比べ、環境配慮型製品の購入や環境保護のための税負担にやや消極的という内容が報告された。
 世界青年意識調査は1972年以来5年ごとに実施されているもので、日本、アメリカ、ドイツ、スウェーデン、韓国の18歳から24歳までの男女計約5,000人(各国ごとに約1,000人)を対象に、質問紙を用いた個別面接方式で家庭、学校、職業、友人、地域社会とのかかわり・余暇の過ごし方、国家・社会観、人生観などを聞いている。
 今回環境関係の質問としては(1)価格が高くても環境配慮型製品を購入するか、(2)環境保護のために税金が高くなることに賛成か、(3)生活が不便になっても環境に悪影響を及ぼすものは使わないか−−の3問が設定されている。
 (1)の質問では韓・米、スウェーデンで「はい」が40%を超え、「いいえ」を上回ったのに対し、日本とドイツでは「はい」と「いいえ」がほぼ同数だった。ただしドイツで「はい」と答えた人は38.6%いたのに対し日本では29.5%にとどまっていた。
 また(2)の質問でも韓・米、スウェーデンで「はい」と答えた人が50%前後にのぼる多数派を占めていたのに対し、日本とドイツでは「はい」と答えた人が30%前後で「いいえ」と答えた人のほうが多かった。
 ただし(3)の質問では各国とも「はい」が「いいえ」を上回った。この中では特に韓国とアメリカでは「はい」が半数以上を占めていた。【内閣府】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ