一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

国立・国定公園特別地域内での発電施設設置審査基準案への意見募集開始

【発表日】 2004.02.17 【情報源】 環境省 【自然環境 自然公園

 環境省は平成16年2月17日、国立・国定公園特別地域内での風力発電施設の設置審査基準案を公表し、この案について平成16年3月15日まで意見募集を行うことにした。
 地球温暖化防止策の1つとして有望視される風力発電だが、国立・国定公園に大規模な風力発電施設を設置した場合、自然景観を大きく損なったり、野生生物の生息環境に影響を与える可能性も考えられる。
 今回公表された設置審査基準案は自然公園法施行規則に追加されるもので、16年2月にまとめられた「国立・国定公園内における風力発電施設設置のあり方に関する基本的考え方」に基づいて策定された。
 (1)特別保護地区、第1種特別地域、海中公園および第2種・第3種特別地域のうち植生の復元が困難な地域には設置しないこと、(2)展望・眺望を著しく妨げないこと、(3)耐用年数経過後の施設撤去計画が定められており、撤去した跡地整理を適切に行うとされていること、(4)色彩や形が周囲の風景に調和していること、(5)土地の改変を最小化していること、(6)支障木の伐採が僅少であること、(7)野生動植物の生息や景観維持に重大な支障を及ぼすおそれがないこと−−などの内容が盛り込まれている。
 意見は郵送、FAX、電子メールで受付けている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク