EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
カラス226羽、ドバト158羽中に鳥インフルエンザ陽... 
次の記事へ
 件数:29497件
 新着順に表示
 24571-24578件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2004.04.09  情報源 | 環境省  カテゴリ | 自然環境 >> 野生動植物
カラス226羽、ドバト158羽中に鳥インフルエンザ陽性事例なし
 環境省は農林水産省と一緒に、全国の都道府県に実施を要請した、カラスドバトなどの鳥インフルエンザウイルス陽性度検査について、平成16年4月9日までに結果報告があった分の内容をまとめ、同日付けで途中経過として公表した。
 環境省と農林水産省が都道府県に要請していたのは(1)16年3月22日までに各都道府県での検査実施方針や実施済みの検査の内容を環境省に報告すること、(2)今後新たに行う捕獲鳥検査の結果を環境省に報告すること、(3)検査結果が陽性だった場合は農林水産省に連絡の上、動物衛生研究所に検査個体を送りウイルスの型を同定すること−−の3点。
 今回の公表内容によると、捕獲鳥検査についてはこれまでに各都道府県からカラス226羽、ドバト158羽についての結果が寄せられたが、全て陰性とされているという。【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
カラス
ドバト
同定
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=4880
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
カラス184羽、ドバト115羽中に鳥インフルエンザ陽性事例みつからず (EICネット 国内ニュース)
全国1万件の野鳥検査で新たな鳥インフルエンザ感染判明せず (EICネット 国内ニュース)
高病原性鳥インフルエンザ緊急調査の進捗状況報告まとまる (EICネット 国内ニュース)
カラスやドバトの鳥インフルエンザ陽性度検査を全国で実施へ (EICネット 国内ニュース)
関連リンク
環境省 鳥インフルエンザ情報

ページトップへ