一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

風力エネルギー拡大政策を66%の人々が支持

【発表日】 2004.05.11 【情報源】 ドイツ 【エネルギー 再生可能エネルギー

 ドイツ連邦環境省の委託を受けた世論調査研究所(Forsa)は、風力エネルギーに関する世論調査を行い(5月3、4日に11,000人を対象に実施)、その結果、66%の人々が、連邦政府の風力エネルギー拡大政策を支持し、30%の人々が、反対していることが明らかになった。特に若い世代では支持する声が強く、30歳以下では、81%の人々が支持しているという。東部ドイツでは支持は少なく、南部ドイツでは支持が高い。また、風力発電施設の設立地域に当てはまらない大都市の住民は、農村地区などの小都市の住民と比較し、支持率が高いという。
 ドイツ連邦政府は、風力エネルギー拡大政策の中でも、特に、洋上風力発電施設の建設に力を入れており、今後、400億ユーロ(5兆2000億円)を北海、バルト海に投資する予定である。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

関連リンク