一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 再生可能エネルギーに関する最新情報を発表

【発表日】 2008.07.31 【情報源】 ドイツ 【エネルギー 再生可能エネルギー

 ドイツ連邦環境省は、7月31日、パンフレット「再生可能エネルギー最新データ」の発行を発表した。これは、2002年以降、毎年、ドイツ連邦環境省が、ドイツ国内、EU、世界における再生可能エネルギーの発展に関する数字を盛り込んだもの。
 これによると、現在では、再生可能エネルギーの割合は、ドイツ国内の最終エネルギー消費量の8.6%、電力消費量の14.2%にまで増加している。また、2007年1年間で、再生可能エネルギーの利用により、1億1500万tのCO2が削減された。
 さらに、再生可能エネルギーの拡張は、経済全体の利益になっていることが証明されている。これらの部門における2007年の売り上げは、250億ユーロとなっており、雇用者数は3年前と比較すると55%高い25万人に達している。
 再生可能エネルギー法を通じた1ユーロの助成は、化石燃料エネルギーの輸入の削減と他のエネルギー源による著しい環境汚染の回避により、1.60ユーロ分の節約につながっているという。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

ドイツ 再生可能エネルギーは2007年も成長(海外ニュース)

関連リンク