EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国連、再生可能エネルギーなど多部門アプローチが水問題... 
次の記事へ
 件数:11137件
 新着順に表示
 4-11件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.08.28  情報源 | 国連  カテゴリ | エネルギー >> 再生可能エネルギー
国連、再生可能エネルギーなど多部門アプローチが水問題を緩和すると指摘
 2018年8月26日からストックホルムで開催されている世界水週間の開会式で、アミーナ・モハメッド国連副事務総長は、「水はほぼすべての持続可能な開発目標(SDGs)の達成に不可欠であり、持続可能な水管理は気候変動に関するパリ協定の目標達成にも重要な役割を担う」ことを改めて指摘し、水の対策は分野別でなく総合的なアプローチで取り組むよう呼び掛けた。
 パリ協定の下で各国が提出した気候目標の93%は、水が気候変動に対する回復力を高める鍵であるとしている。気候変動は世界の淡水資源の量や質を低下させているが、一方でエネルギー部門、特に、水を多く消費する石炭火力発電も水の問題を抱えている。しかし最近の調査では、発電所の冷却技術の向上と淡水使用の少ない発電(太陽光や風力)でエネルギー部門の取水量の大幅削減が可能だとして、水問題の緩和に再生可能エネルギーが果たす役割が指摘されている。
 世界水週間は、世界の水に関する問題について知見を共有し解決策を探る国際会議で、ストックホルム国際水研究所(SIWI)が毎年開催している。2018年は、世界各地で干ばつや森林火災などの極端気象が頻発し、水と開発との関係における気候変動の影響に関心が高まる中で開催された。【国連気候変動枠組条約】
記事に含まれる環境用語 |
気候変動
気候変動枠組条約
再生可能エネルギー
持続可能な開発
森林火災
プレスリリース |
https://unfccc.int/news/world-water-week-how-renewable-energy-can-ease-water-stress

ページトップへ