一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

国連気候変動枠組条約、2019年に開催される残り2つの地域気候週間の詳細を発表

【発表日】 2019.04.23 【情報源】 国連 【地球環境 その他(地球環境)

 国連気候変動枠組条約(UNFCCC)は、2019年に開催される残り2つの地域気候週間の詳細を発表した。8月19〜23日にブラジルのサルバドールでラテンアメリカ・カリブ地域気候週間が、9月2〜6日にタイのバンコクでアジア太平洋地域気候週間が開催される。このうちラテンアメリカ・カリブ地域気候週間では8月22日にハイレベル会合が行われ、同地域における排出削減と気候変動への適応の事例を共有することが予定されている。これらの地域気候週間は、9月23日にアメリカのニューヨークで開催される気候行動サミット、12月にチリのサンティアゴで開催されるCOP25に向けた意欲向上につながるとともに、国連が特定した気候変動に対する回復力ある炭素排出ゼロ経済のための6つの主要ポートフォリオ(資金、エネルギー移行、産業移行、自然に基づく解決策、都市と地域の行動、レジリエンスと適合)の協議の場ともなる。なお、2019年3月にはガーナのアクラでアフリカ気候週間が開催された。【国連気候変動枠組条約】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

関連リンク