一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 水圧破砕に関する専門家委員会が最初の報告書を提出

【発表日】 2019.07.03 【情報源】 ドイツ 【水・土壌環境 その他(水・土壌環境)

 ドイツ連邦経済エネルギー省は、水圧破砕に関する専門家委員会が最初の報告書を提出したことを公表した。ここでは、一般的な委員会の定則に加え、今後2年間の作業計画をとりまとめている。試掘に関する申請は行われておらず、まずは国際社会における最新技術の情報を集約するとしている。専門家委員会は今年5月に設立された組織であり、ドイツ国内の様々な専門機関や役所に所属する研究者によって構成されている。片岩や粘土、石灰岩または炭層岩を砕いてガスまたは石油を生産する水圧破砕による試掘を学術的に管理したり、これにより達成された結果を専門的に評価する法的な任務を担っている。水圧破砕については、2017年に法律によって厳格な規則が設けられ、片岩や粘土、石灰岩または炭層岩を砕いてガスまたは石油を生産する水圧破砕は禁止されている。知見の埋め合わせをするための学術的な目的にのみ、4件の試掘が認められている。試掘の際には、特に下層土や水といった環境への影響調査が必要であり、さらに州政府の承認も求められる。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース