一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

フランス元老院、循環型経済のための反無駄使い法案を可決

【発表日】 2019.10.02 【情報源】 フランス 【ごみ・リサイクル その他(ごみ・リサイクル)

 フランスの上院にあたる元老院は、第1読会において「循環型経済のための反無駄使い(anti-gaspillage)」法案を1票を除く満場一致で可決した。可決された法案には資源の保全に関する多数の施策が盛り込まれ、環境省は従来の生産と消費のあり方を変革するうえで弾みをつけるものと歓迎している。
 たとえば、1)販売されなかった新しい製品の廃棄を禁止し、生産者や輸入者、通販を含む販売者に、売れなかった新品の再使用(寄付を含む)やリサイクルを義務づける(食品以外)。2)電気電子機器製品に修理可能性指標を導入し、製品の修理可能性(修理が容易、困難、不可能)を示したラベルを表示する。3)家具や電気電子製品は修理して長く使えるよう、修理業者に再利用による部品の供給を義務づける。4)消費者の分別を支援するため、分別方法をわかりやすく示した統一化したロゴ(Triman)をすべての製品に導入する、などを内容としている。法案は今後、フランスの下院に当たる国民会議で審議される。【フランス環境連帯移行省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース