EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
16年の山岳遭難統計を発表 発生件数1,321件   
次の記事へ
 件数:29396件
 新着順に表示
 21958-21965件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2005.07.05  情報源 | 警察庁  カテゴリ | 自然環境 >> 自然とのふれあい
16年の山岳遭難統計を発表 発生件数1,321件
 警察庁は平成17年7月5日、16年の山岳遭難発生件数が1,321件、遭難者数が1,609人、死者・行方不明者267人にのぼったと発表した。
 山岳遭難発生件数、遭難者数とも昭和36年以来最多だった15年に比べると、山岳遭難発生件数では37件、遭難者数では57人減少しているが、10年以降発生件数が1,000件を超える状況が続いていることについて大幅な変化はみられていない。
 遭難者が山に入った理由をみると、登山目的が1,074人(66.7%)と最も多く、山菜採り・きのこ採りの415人(25.8%)がこれに続いた。また登山の場合は夏山シーズンの7月(211人)、8月(181人)の遭難が多く、山菜採りでは6月(121人)、5・6月(ともに107人)の遭難が多かった。
 遭難者の年齢は60歳〜64歳が286人と最も多く、また40歳以上の遭難者だけで全遭難者の81.4%にあたる1,309人にのぼっていた。40歳以上の遭難者が70%以上を占めている傾向は平成8年以降継続しているという。【警察庁】
プレスリリース |
http://www.npa.go.jp/safetylife/chiiki12/h16sangaku.pdf
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
17年ゴールデンウィーク中の国内主要山岳登山者数、9万5,000人に (EICネット 国内ニュース)
ホームページから16年度の冬山登山情報を提供 (EICネット 国内ニュース)
16年夏期の水難・山岳遭難事故状況を発表 (EICネット 国内ニュース)
15年の山岳遭難件数・遭難者数、過去最多に (EICネット 国内ニュース)
関連リンク
山旅メーリングリスト (登山技術情報など)

ページトップへ