EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
「農林水産省環境報告書2008」を公表        
次の記事へ
 件数:26807件
 新着順に表示
 13477-13484件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.08.18

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国内では、白神山地と屋久島が1993年に、知床が2005年に、小笠原諸島が2011年に、世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約に基づく世界自然遺産に登録されました。世界自然遺産として評価された自然を有する自治体は、評価された自然の価値が異なるものの、その価値を損なうことなく、将来に向かって保全する共通の使命を帯びています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2009.01.09  情報源 | 農林水産省  カテゴリ | エコビジネス >> 環境報告書
「農林水産省環境報告書2008」を公表
 農林水産省は2009年1月9日、同省が07年度に取り組んだ環境配慮の状況を「事業者の環境配慮促進法」に基づきまとめた「農林水産省環境報告書2008」を公表した。
 05年4月1日から施行された「事業者の環境配慮促進法」は、事業者が環境報告書などを通じ、環境情報の開示を進め、その情報が社会の中で積極的に活用されるよう促すことを目的とした法律で、[1]国が自らの事業活動の環境配慮状況を毎年公表すること、[2]自治体が自らの事業活動の環境配慮状況を毎年公表するよう努めること、[3]独立行政法人など特別の法律によって設立された法人の中から「特定事業者」を指定し、年1
回の環境報告書公表を義務づけること、[4]大企業が「環境報告書の信頼性を高めるように努める」こと−−などが定められている。
 今回の報告書は、同省の「環境関連施策の紹介」と「環境配慮の取組」の二部構成となっており、環境関連施策の紹介としては「トッピックス 環境に配慮した地域の取組」、「1 生物多様性保全を重視した農林水産業の推進」、「2 農林水産分野における地球温暖化対策の推進」」「3 バイオマス・ニッポン」の3つのテーマについて記載されている。
また、環境配慮の取組については、「環境管理システムISO14001に関する取組状況」、「07年度の環境目標の達成状況」など7つのテーマについて記載されている。【農林水産省】
記事に含まれる環境用語 |
ISO14001
バイオマス
環境管理システム
環境配慮促進法
環境報告書
生物多様性
地球温暖化
プレスリリース |
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kankyo/090109.html
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
第4回バイオマス・アジアワークショップを開催へ(国内ニュース)
生物多様性保全を重視した農林水産業を推進へ 「農林水産省生物多様性戦略」を策定(国内ニュース)
「農林水産省環境報告書2006」を公表(国内ニュース)
農水省が「地球温暖化・森林吸収源対策推進本部」新設(国内ニュース)
関連リンク
農林水産省環境報告書2008

ページトップへ