EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
北極圏上空で史上最大のオゾン破壊が進行中 −ヨーロッ... 
次の記事へ
 件数:30359件
 新着順に表示
 13303-13310件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2011.04.06  情報源 | 国立環境研究所  カテゴリ | 地球環境 >> オゾン層
北極圏上空で史上最大のオゾン破壊が進行中 −ヨーロッパやロシアの一部が影響下に−
 平成23年4月6日の国立環境研究所の報道発表により、北極圏における15カ国・30か所のオゾンゾンデ※1 観測点における観測から、この冬から春にかけて史上最大となるオゾン破壊が進行中であることが明らかになった。
 このオゾン観測ネットワークによると、北極上空からスカンジナビア半島にかけての極渦※2 内に、これまで観測された中では最大規模のオゾン破壊が観測されていることがわかった。また、この低オゾン領域が今後ロシアの方に向かって東に移動していき、中国・ロシア国境付近にまで達するであろうことが、気象モデルから予測されている。このような大規模なオゾン破壊が確認されたのは、1992年にオゾンゾンデ観測キャンペーンを開始して以降初めて。
 WMOによると、今冬初めから3月下旬までの北極上空におけるオゾン全量の破壊量は40%に達し、これまでに観測された最大値である30%をすでに上回っている。
 国立環境研究所では、温室効果ガスの近年の増加に伴い、成層圏では寒冷化することが想定され、大規模なオゾン破壊を引き起こすもととなる状況が、今後北極圏上空で増える事態も懸念されることから、南極オゾンホールの回復状況とともに、今後は北極上空の様子にも、より注視していく必要があるとしている。

※1 オゾンを測定する装置を載せた気球によって、地表付近から地上約35kmまでのオゾン量を直接観測する機器。
※2 北極南極上空の成層圏に冬季にできる、低気圧性の渦。冬季の強い西風の極夜ジェット気流に囲まれるため、低緯度からの暖気気流の流入が妨げられ、冬季には太陽光も当たらなくなるため加熱もなくなり、極渦の内部ではオゾンの破壊を引き起こすもととなる低温状態が維持される。

【国立環境研究所】
記事に含まれる環境用語 |
オゾン
オゾンホール
温室効果ガス
環境研
南極
北極
北極圏
プレスリリース |
http://www.nies.go.jp/whatsnew/2011/20110406/20110406.html
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
平成22年の南極オゾンホール 1990年以降で3番目に小さい規模(国内ニュース)
環境省 平成21年度オゾン層等の監視結果に関する年次報告書を公表(国内ニュース)
2009年の地球全体と日本のオゾン層状況報告書 公表(国内ニュース)
関連リンク
気象庁 オゾン層・紫外線 〜地球環境の診断表〜
環境省 オゾン層の状況や取組の概要

ページトップへ