一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

NEC、セブン&アイと国内で最大規模のEV・PHV充電器を導入、全国45店に計3380台

【発表日】 2015.08.06 【情報源】 企業 【大気環境 その他(大気環境)

 NECは、セブン&アイ・ホールディングスとともに国内で最大規模になる電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)用充電器を導入する。セブン&アイ傘下の総合スーパー「イトーヨーカドー」、ショッピングセンター「Ario」、百貨店「そごう」「西武」の全国45店舗に計3380台を設置し、11月から有料の充電サービスを展開する。
 サービスは、充電器の取り付けが完了した店舗から順次始める。各店舗の駐車場にNECのEV・PHV用壁掛け型普通充電器を入れ、併せて、NECの壁掛け型充電コントローラーも設置する。コントローラーは、複数の充電器の利用者認証や課金管理、監視・制御などを一元的に行う。NECがセブン&アイから設備を借用してサービスを提供する。
 決済は、国内自動車4社が立ち上げた充電サービス事業の日本充電サービスが発行する充電カードや、セブン&アイの電子マネー「nanaco(ナナコ)」に対応する。充電器を設置する総合スーパーや百貨店は買い物客の滞在時間が長く、日常生活で頻繁に訪れる。セブン&アイは充電器を設けることで利便性向上とEV・PHV利用者の誘客強化を図る。
 環境に配慮した次世代自動車のEV・PHVの普及には充電設備の整備が不可欠で、政府の支援で商業施設や公共施設の駐車場への設置が始まっている。今回の充電器導入でも政府の「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」の補助制度を活用する。NECとセブン&アイは、立ち寄った先でこまめに充電するEV・PHVの利用スタイルの確立につなげる。【日本電気株式会社】
提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

豊田自動織機など、アプリ「全国EV・PHV充電まっぷ」でカーナビとの連携開始

NEC、EV・PHV用充電器をホームセンターに大規模に設置して有料サービスを開始

NECなど、横浜市にEV・PHV用充電器を大規模に設置して有料充電サービスを実施