EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
日本政策投資銀行、住友ゴムに「環境格付」に基づく融資... 
次の記事へ
 件数:29325件
 新着順に表示
 494-501件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.11.30  情報源 | 企業  カテゴリ | エコビジネス >> 環境ラベル
日本政策投資銀行、住友ゴムに「環境格付」に基づく融資実施、最高ランクを付与
 日本政策投資銀行(DBJ)は、住友ゴム工業に対し「DBJ環境格付」に基づく融資を実施した。4段階ある格付けのうち「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」とする最高のランクを付与した。高い技術力を生かした環境配慮商品の普及拡大や、技術・製品の開発を推進するなど、高い水準で環境経営を実践していることを評価した。

 住友ゴムは地球環境への取り組みを重要な経営課題の1つに位置付け、CSR企業の社会的責任)ガイドライン「GENKI」に沿って環境経営を進めている。GENKIは緑化、事業活動の環境負荷低減、次世代型技術・製品の開発、人にやさしい諸施策、ステークホルダー(利害関係者)への誠実さ、のそれぞれを意味する英語の頭文字から採った。

 今回の格付けでDBJは、環境配慮商品の普及拡大に加え、CSRに配慮したサプライチェーン(供給網)管理を行い、長期ビジョンでも環境対応技術・製品の開発を定めるなど、持続可能な社会実現に向けた活動を加速させている点を評価した。全従業員を巻き込みながら生産工程を改善し、生産性向上と環境負荷低減を図っている点も認めた。

 加えて、GENKI活動を発展させてCSRの枠組みを整理し、CSR面で目標を管理していることも評価した。こうしたことから住友ゴムは最高ランクの格付けを取得した。DBJ環境格付は、DBJが開発した格付けシステムで企業の環境経営度を評点化し、優れた企業を選んで得点に応じて融資条件を設定する。格付けが高いと特別金利が適用される。

【住友ゴム工業株式会社】

記事に含まれる環境用語 |
CSR
環境負荷
企業の社会的責任
プレスリリース |
http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2017/sri/2017_131.html

ページトップへ