EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
大和ハウス、日本初の再生可能エネルギーによる電力自給... 
次の記事へ
 件数:29410件
 新着順に表示
 301-308件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.02.26  情報源 | 企業  カテゴリ | エネルギー >> 再生可能エネルギー
大和ハウス、日本初の再生可能エネルギーによる電力自給自足オフィス実証実験を開始
 大和ハウス工業は、電力会社からの買電に依存しない再生可能エネルギーによる、日本で初めての電力自給自足オフィス「大和ハウス佐賀ビル」(佐賀市)で、2月26日に実証実験を始めた。太陽光発電と蓄電池を組み合わせた電力自立システムで、オフィスのエネルギー消費の全てを賄うZEBネット・ゼロ・エネルギービル)となる。

 ZEB再生可能エネルギーの発電量とエネルギー消費量の収支をゼロにするビルを意味する。大和ハウス佐賀ビルは2017年8月21日に着工した。鉄骨2階建てで2444.57m2の延べ床面積があり、2月26日に完成した。住宅、集合住宅、流通店舗、リフォームの各営業部門が入り、約100人が勤務する。新たな省エネモデルの開発を狙いに実験する。

 電力自立システムは、出力83.2kWの太陽光発電からオフィスの照明や電気機器に電気を供給し、余剰電力を容量75kWhのリチウムイオン蓄電池に蓄える。発電量が消費電力を下回った時は自動で蓄電池から電力を供給する。太陽光発電や蓄電池から出力される直流電力をそのまま使い、直流と交流の変換に伴う電力損失を約8%軽減する。

 空調は、井戸水と太陽熱集熱器を生かした自然空調システムを採用した。年間を通じて約15℃の井戸水から熱を取り出して冷暖房に使い、太陽熱集熱器で作った温水は暖房と冷房時の除湿に利用する。自然換気とも併せ、同規模の一般建築と比べて、空調の電力消費量を約7割削減する。大和ハウス佐賀ビルはショールームとして活用する。

【大和ハウス工業株式会社】


記事に含まれる環境用語 |
再生可能エネルギー
太陽光発電
ZEB
ネット・ゼロ・エネルギービル
プレスリリース |
http://www.daiwahouse.com/about/release/house/20180226092421.html

ページトップへ