EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
トヨタ、愛知県などと再エネ利用低炭素水素プロジェクト... 
次の記事へ
 件数:29316件
 新着順に表示
 25-32件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.04.25  情報源 | 企業  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
トヨタ、愛知県などと再エネ利用低炭素水素プロジェクトを開始
 トヨタ自動車株式会社は、愛知県、知多市、豊田市および中部電力株式会社、東邦ガス株式会社、株式会社豊田自動織機と、「知多市・豊田市再エネ利用低炭素水素プロジェクト」を開始する。

 このプロジェクトは、愛知県内で再エネ由来の水素を製造、供給、利用する地産地消の低炭素水素サプライチェーンを構築するもの。
 東邦ガスが知多市南部浄化センターで下水汚泥処理により発生したバイオガスを原料として都市ガスを製造し、既存の都市ガス導管網を通じてトヨタの元町工場へ輸送。このバイオガス由来の都市ガスを原料に、トヨタの元町工場に設置したガス改質装置で低炭素水素を製造、圧縮、貯蔵し、工場内で使用する豊田自動織機製の燃料電池フォークリフトで利用する。
 また、豊田市渡刈クリーンセンターの廃棄物焼却により発生した熱で発電した再エネ電力を中部電力がトヨタに供給することで、バイオガス不足時に使用した都市ガス使用分のCO2排出量はオフセットされる。

 水素原料となるバイオガス等の再エネを既存のエネルギーインフラである都市ガス導管や送電網で輸送し、水素利用場所の近くで水素を製造・供給することにより、水素の圧縮や輸送に要する設備投資や維持管理費が不要となることでコストを抑えることができる。既存のエネルギーインフラを活用するため早期事業化が可能となる。

【トヨタ自動車株式会社】
記事に含まれる環境用語 |
バイオガス
下水汚泥
地産地消
燃料電池
廃棄物
プレスリリース |
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/corporate/22312328.html

ページトップへ