一般財団法人環境イノベーション情報機構

ニュース国内ニュース

「再エネ電解水素の製造及び水素混合ガスの供給利用実証事業」の開所式を秋田県で開催

【発表日】 2019.06.11 【情報源】 環境省 【エネルギー 再生可能エネルギー

 環境省は、低炭素な水素の利活用を通じた地球温暖化対策を推進するため、全国8箇所において、再生可能エネルギーからの水素製造・貯蔵・輸送・利用までの一貫した水素サプライチェーンの実証事業を実施している。
 この事業の一環として、秋田県能代市において、風力発電により製造した水素を、高熱量の成分を比較的多く含むガスに混合することにより、都市ガスに近似した熱量に調整した水素混合ガスを製造し、家庭や事業所等に供給・利用する実証事業(代表事業者=株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所)を採択している。
 今回、この実証事業に係る必要な設備が整備されたことを踏まえ開所式を開催し、これにより、全国8箇所すべての設備が稼働を始めることとなった。事業の詳細はプレスリリース参照。
 
 水素は、利用段階においてCO2を排出せず、効率的なエネルギー利用や再エネ貯蔵等に活用できるなど、地球温暖化対策上、重要なエネルギーであり、燃料電池自動車や燃料電池バス等が市場投入されるなど、水素の利活用に対する注目も昨今高まっている。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース