EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アスクル、「2030年CO2ゼロチャレンジ」へ2つの国際ビジ... 
次の記事へ
 件数:5713件
 カテゴリ「地球環境」
 
 154-161件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.11.29  情報源 | 企業  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
アスクル、「2030年CO2ゼロチャレンジ」へ2つの国際ビジネスイニシアチブに加盟
 アスクルは、目標にする「2030年CO2ゼロチャレンジ」への取り組み推進に向け、2つの国際ビジネスイニシアチブに加盟した。再生可能エネルギーについての「RE100」と、電気自動車(EV)に関する内容の「EV100」となる。両イニシアチブへの加盟は日本で初めてという。11月28日に開催した「アスクル環境フォーラム2017」で公表した。

 2030年CO2ゼロチャレンジは、原材料の調達から顧客に商品を届けるまでサプライチェーン(供給網)でCO2排出量削減を進める活動で、アスクルは2030年までに事業所から排出するCO2と配送に関わるCO2ゼロを目指す。アスクル環境フォーラム2017には顧客企業など219社の368人が参加し、CO2ゼロチャレンジに向けた連携などを確認した。

 RE100は、事業運営に使用するエネルギーを100%再生可能エネルギーで調達することを目標にする企業の国際ビジネスイニシアチブだ。アスクルは加盟にあたり、2025年までに本社と物流センターで再生可能エネルギー利用率を100%にする中間目標と、2030年までに子会社を含むグループ全体で利用率100%を達成する目標を宣言した。

 EV100には、事業運営に関係する車両を全てEVに転換する目標を掲げる企業が参加している。アスクルは物流センター運営や配送を手掛けるグループ企業が使用する配送車両を2030年までに100%EVにする。RE100は117社が加盟していて、日本企業はアスクルが3社目、EV100は世界15社が加盟し、日本企業はアスクルが2社目となる。

【アスクル株式会社】

記事に含まれる環境用語 |
環境研
プレスリリース |
http://pdf.irpocket.com/C0032/PoNw/dgiH/yNFI.pdf

ページトップへ