EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
フランス、使い捨てビニール袋の販売を禁止する省令を公示 
次の記事へ
 件数:726件
 カテゴリ「ごみ・リサイクル」
 
 44-51件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2016.03.31  情報源 |  カテゴリ | ごみ・リサイクル
フランス、使い捨てビニール袋の販売を禁止する省令を公示
 フランス環境・エネルギー・海洋省は、使い捨てビニール袋を廃止する省令を官報に公示した。小売店等で提供される使い捨てビニール袋は使用後の回収が難しく、自然界で分解しにくいため多くの問題を引き起こしている。フランス環境省は、使い捨てレジ袋に代わる有効な方法(さまざまな素材の買物袋やショッピングカートなど)がすでに存在するとして、分解しにくい一般のレジ袋を削減する。ビニールの使い捨てレジ袋は2016年7月1日から禁止され、2017年1月1日からは、植物などを原料とし(バイオベース)、家庭で堆肥化できる袋だけが使用可能となる。袋の素材に含まれる植物成分の比率は、今後段階的に引き上げるという。バイオベースの袋はフランス国内でも既に複数の企業が生産しているが、同省は今後も研究開発や製造で3000人の雇用が創出されるとしている。
 自然界に放出されるプラスチック・ビニール類では、特に海洋哺乳類海鳥への影響が懸念されている。ウミガメの86%が誤飲の影響を受け、北海では鳥類の94%の胃にプラスチック・ビニール類がみつかるという。レジ袋はフィンランド、デンマーク、アイルランドなどでも大幅に削減している。
記事に含まれる環境用語 |
ウミガメ
海鳥
堆肥
鳥類
哺乳類
プレスリリース |
http://www.developpement-durable.gouv.fr/Segolene-Royal-met-fin-a-la.html

ページトップへ