EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
イギリス、新技術を使った「スマートな」ごみ対策に約50... 
次の記事へ
 件数:714件
 カテゴリ「ごみ・リサイクル」
 
 2-9件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.08.26  情報源 |  カテゴリ | ごみ・リサイクル >> ごみ処理
イギリス、新技術を使った「スマートな」ごみ対策に約50万ポンド助成
 イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、新たな助成制度の下、ごみ問題への革新的対処法の開発に取組む地域プロジェクトに約50万ポンドを拠出すると発表した。これにより、ごみ箱やリサイクル品回収所の配置を改善するための調査やデジタル技術を促進する。ごみ箱が満杯になると収集者に通知するアプリと「スマートごみ箱」の開発も促す。
 同国では道路清掃に年間約8億ポンドもの税金が投入されている。その多くは回避できるごみの収集に使われており、地域でより有意義に使えるはずの資金である。しかし、5人に1人はポイ捨てをしたことがあると認めている。
 この助成制度は、自治体や地域団体、慈善団体、教育機関、中小企業等がごみ問題の革新的・創造的解決策への助成を申請できるようにし、地域を支援してごみのポイ捨てを取り締まり削減する。全プロジェクトの有効性を評価し、より広範囲で最大の効果を挙げられるかを探り、ごみ対策に資源を投入する多くの革新的解決策を自治体や地域社会が最大限に活用できるようにする。
 さらに、同制度では、海洋に流出するプラスチックごみの削減に取組むプロジェクトに約4万5000ポンドを助成する予定である。【イギリス環境・食糧・農村地域省】
記事に含まれる環境用語 |
リサイクル
プレスリリース |
https://www.gov.uk/government/news/new-fund-launched-to-reduce-litter-through-innovative-projects

ページトップへ