EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
岡山県倉敷市、使用済み携帯電話を回収 東京五輪のメダ... 
次の記事へ
 件数:2174件
 カテゴリ「ごみ・リサイクル」
 
 104-111件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.09.28  情報源 | 地方自治体  カテゴリ | ごみ・リサイクル >> リサイクル
岡山県倉敷市、使用済み携帯電話を回収 東京五輪のメダル製作に
 倉敷市は、2020年東京五輪・パラリンピックのメダル製作に協力しようと、使用済みの携帯電話とスマートフォンの回収を始めた。市役所などに専用ボックスを設置して回収する。期間は2019年3月末ごろまでを予定している。
 東京2020組織委員会が実施している「都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト」に協力する。同プロジェクトは、全国の自治体ごとに回収した小型家電から金属を取り出し、メダルを製作する国民参画型プロジェクト。五輪史上初めて「100%リサイクル」によるメダル製作を目指す。
 東京大会に必要な金・銀・銅のメダル計約5000個を製造するには、金40kg、銀4900kg、銅3000kgを確保する必要があるという。
 市は回収ボックスを市内23カ所に設置。市役所本庁舎の一般廃棄物対策課と支所7カ所(水島、児島、玉島、庄、茶屋町、船穂、真備)、環境センター4カ所(倉敷、水島、児島、玉島)、ライフパーク倉敷、公民館4カ所(倉敷、水島、児島、玉島)、図書館6カ所(中央、水島、玉島、児島、船穂、真備)に設置した。
 
記事に含まれる環境用語 |
リサイクル
一般廃棄物
都市鉱山
プレスリリース |
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/31450.htm

ページトップへ