EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
欧州環境庁、欧州で産業は依然として主要な汚染源になっ... 
次の記事へ
 件数:721件
 カテゴリ「ごみ・リサイクル」
 
 4-11件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.12.06  情報源 |  カテゴリ | ごみ・リサイクル >> 産業廃棄物
欧州環境庁、欧州で産業は依然として主要な汚染源になっていると報告
 欧州環境庁(EEA)は、EEAを構成する33カ国の産業汚染に関する国別データをとりまとめ、大気汚染や水汚染、廃棄物、エネルギー消費、水使用についての最新報告を公表した。これによると、2015年は、温室効果ガス(GHG)等の汚染物質の産業からの排出量が2007年比では減少しているものの、大気中に排出された二酸化炭素(CO2)、非メタン揮発性有機化合物、粒子状物質(PM10)、硫黄酸化物(SOx)、カドミウム及び水銀の半分以上が産業に起因するなど、依然として産業が主要な汚染源になっていることが分かった。他にも主として、1)産業はEEA33カ国のエネルギー消費量全体の4分の1を占める、2)大規模発電所からの大気汚染物質の排出量は全般的に減少した、3)窒素リン、全有機化合物、重金属といった水汚染物質の排出量も減少している、4)非有害廃棄物の半分以上及び有害廃棄物の3分の2以上が産業に起因する、といったことが読み取れるという。これらのデータはウェブ上で国別や項目別でも検索が可能である。【欧州環境庁】
記事に含まれる環境用語 |
カドミウム
リン
温室効果ガス
重金属
水銀
大気汚染
大気汚染物質
窒素
二酸化炭素
廃棄物
非メタン揮発性有機化合物
硫黄酸化物
プレスリリース |
https://www.eea.europa.eu/highlights/tracking-the-environmental-performance-of

ページトップへ