EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
パナソニック、施設向け自動スイッチ「微動検知形」を発... 
次の記事へ
 件数:4630件
 カテゴリ「エネルギー」
 
 1-8件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.11.29  情報源 | 企業  カテゴリ | エネルギー >> 省エネルギー
パナソニック、施設向け自動スイッチ「微動検知形」を発売、省エネニーズに対応
 パナソニックは、施設向けの照明器具・換気扇用の熱線センサー付き自動スイッチ「かってにスイッチ」に、着席作業時の小さな動きも感知する「微動検知形」を追加し、12月21日に発売する。最新のセンサー技術を搭載した。人の小さな動きが続く場所に適し、会議室や打ち合わせコーナーなどの照明を制御して省エネニーズに対応する。

 かってにスイッチは、センサーが人の動きを検知して照明器具をオン・オフする熱線センサー付き自動スイッチで、パナソニックは1988年に発売した。通路、倉庫、トイレといった短時間の滞在場所で照明の消し忘れを防ぐ利便性や不要な点灯を防止して省エネできることが評価されている。今回、微動が続く部屋用に微動検知形を加えた。

 微動検知形は、着席時間が長く人の動きが比較的小さな会議室や打ち合わせコーナーなどでも照明の点灯が継続できる。廊下やトイレ用の従来品は歩行による動きが基で、小さな動きや着席して行う作業は検知が難しかった。微動検知形は会話、机の上で書類をめくる時、パソコン操作での頭、肩、体の動きを検知し、照明の点灯を続ける。

 新たに開発した高感度センサー装置や細かく分割したレンズによって超高密度の感度帯を実現すると同時に、人以外の熱源で誤動作が起きにくい信号処理を搭載している。従来製品と同じ配線・取り付け方式となり、公共施設や中小規模のビルに容易に導入できる。親器と子器で構成し、2018年度に年間合計1万2600台の販売を目標にした。

【パナソニック株式会社】

プレスリリース |
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/11/jn171129-1/jn171129-1.html

ページトップへ