EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
「エコマークアワード2017」受賞者決定       
次の記事へ
 件数:1969件
 カテゴリ「エコビジネス」
 
 59-66件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.12.01  情報源 | 企業  カテゴリ | エコビジネス >> 環境ラベル
「エコマークアワード2017」受賞者決定
 (公財)日本環境協会 エコマーク事務局は、「エコマークアワード2017」受賞者を決定した。

 最優秀賞はミドリ安全株式会社、優秀賞は株式会社京急百貨店、帝金株式会社、株式会社トンボ筆、横浜市が選ばれた。

 2016年度および2017年度に認定されたエコマーク商品の中から、特に環境性能や先進性、エコフレンドリーデザインなどが優れた商品に送られる「プロダクト・オブ・ザ・イヤー」には、日本生活協同組合連合会の再生プラスチックを使用したプラスチック製容器包装「CO・OPセフターE」(認定番号:16 140 005)他5商品と、植物由来プラスチックを使用したプラスチック製容器包装「CO・OP味わい豊かなインスタントコーヒー」(認定番号:17 140 001)他3商品が選ばれた。

 エコマークアワードの表彰式は2018年1月22日(月)午後に開催するエコマークフォーラム(会場:東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区))にて行う。

 ※エコマークアワードとは、エコマーク商品をはじめとする環境配慮型商品の製造、販売あるいは普及啓発等により、エコマーク事業の目的である「消費者の環境を意識した商品選択、企業の環境改善努力による、持続可能な社会の形成」に大きく寄与する取り組みをした企業・団体等を表彰するもので、今回で8回目。

【公益財団法人日本環境協会】
記事に含まれる環境用語 |
エコマーク
プラスチック製容器包装
プレスリリース |
https://www.ecomark.jp/info/release/20171201.html

ページトップへ