EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
神奈川海難救助隊              
次の記事へ
 件数:48件
 カテゴリ:「水・土壌環境」
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

サブカテゴリ | 自然環境 >> 生物多様性
地球環境 >> 海洋汚染
水・土壌環境 >> 水質汚濁
神奈川海難救助隊 【NPO法人】
カナガワカイナンキュウジョタイ
英名:kanagwa sea rescue  略称:
代表
231-0021  神奈川県 横浜市中区日本大通14番地 KN日本大通ビル4F
Tel. 045-461-3373
Fax. 045-461-1014
E-Mail info@kanagawamr.org
URL http://www.kanagawamr.org/
 事業概要 |
活動分野  生物多様性、水質汚濁、海洋汚染
目的  海難事故や地震等災害発生時の人命救助救難活動や救援物資等の海上輸送活動等及び海洋環境保全活動を行い、安全で快適な海洋レジャーの普及と発展と地震等災害に対応出来る地域環境作りに寄与する事を目的とします。
事業概要  ○海上安全パトロール活動及び浮遊ゴミ回収活動
○地震等災害発生時の対応
○体験乗船活動
○他団体・企業・官公庁等のイベント開催時の海上警 戒船活動
○中学生の職場体験学習の受け入れ
○助成金事業の実施
主要成果物 
 運営 |
設立年  1967
管轄官庁・親機関  神奈川県
職員、スタッフ数  無給スタッフ25名
年間予算規模  収入240万円 支出230万円(2010年度)
活動地域  神奈川県・東京都・千葉県で海に面する東京湾及び相模湾
 環境情報・定期刊行物等 |
定期刊行物等  無し
定期刊行物等の提供先 
・有料実費無料等  
問い合わせ先 
部署
TEL
FAX
URL
E−MAIL
[神奈川海難救助隊]今後のイベント |
[神奈川海難救助隊]これまでのイベント |
ページトップへ