一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境Q&A

家庭のCO2削減を排出枠として数百万人分取り纏めたら取引できませんか? 

登録日: 2010年12月16日 最終回答日:2010年12月16日 地球環境 地球温暖化

No.36214 2010-12-16 01:36:09 ZWldb2c マロ

家庭でのCO2排出が2008年で1990年比で30%以上逆に増えている聞いています。家庭でのCO2排出削減策を考えています。

(1)個人の削減努力でのCO2排出枠を数百万人分取り纏めて、
   排出枠取引市場で売買するようなことは可能でしょうか?
  (既にそのようなビジネス事例あればおしえてください。)

(2)(1)の事例がないとした場合、制度面などで弊害になりそうな
   事項はどういうものが考えられるでしょうか?

 ※5年前にオール電化にしましたが、光熱費が大幅に減ったので、
  CO2削減も貢献していると考えています。これらを束ねたら
  家庭のCO2排出削減として、政府の目標に貢献できるのでは
  と考えています。

総件数 1 件  page 1/1   

No.36219 【A-2】

Re:家庭のCO2削減を排出枠として数百万人分取り纏めたら取引できませんか?

2010-12-16 21:58:40 津久葉山禄 (ZWldb10

>家庭でのCO2排出が2008年で1990年比で30%以上逆に増えている聞いています。家庭でのCO2排出削減策を考えています。
>
>(1)個人の削減努力でのCO2排出枠を数百万人分取り纏めて、
>   排出枠取引市場で売買するようなことは可能でしょうか?
>  (既にそのようなビジネス事例あればおしえてください。)
>
>(2)(1)の事例がないとした場合、制度面などで弊害になりそうな
>   事項はどういうものが考えられるでしょうか?
>
> ※5年前にオール電化にしましたが、光熱費が大幅に減ったので、
>  CO2削減も貢献していると考えています。これらを束ねたら
>  家庭のCO2排出削減として、政府の目標に貢献できるのでは
>  と考えています。
>・

おもしろいですね。私も同様なことを考えました。そこで、ハタと困ってしまいました。「排出枠取引市場で売買するようなこと」のところで、人という性を考えると、利益が絡むと好むと好まざるとに関わらず、不正を考える者が必ず出るということです。人の善意を一方的に信じる以外にないということです。したがって、必ず「検証」を行い、第三者に証明しなければいけません。電気代の領収書は可能でしょうが、電気代を節約して化石燃料に代替されたら、………で、結局、信頼性を保証できない。できなければ、成立しないということで断念しました。
したがって、「排出枠取引市場で売買するようなこと」を行わないで、人の善意のみで行えば、ある程度の信頼性は確保できるかな??というのが私の考えです。
まあ、他の方法としては、ありえないことですが、法律を制定し、この場合の虚偽申請には厳罰をもって行い、かつ、第三者による検証、最後は警察による捜査………ならば、成立するかもしれませんが???。

回答に対するお礼・補足

>必ず「検証」を行い、第三者に証明しなければいけません。電気代の領収書は
>可能でしょうが、電気代を節約して化石燃料に代替されたら、、………で、
>結局、信頼性を保証できない。
回答ありがとうございます。

信頼性を保証できない点の指摘は、確かに不正者に対して、一般家庭のエネルギー源の全体を把握できていない限り、代替された場合の「検証」ができないということで理解しました。そうすると、政府として一般家庭のCO2排出削減を認識できるのは、エネルギー源毎の増減を業界報告などから把握して、その一般家庭分の総合計が1990年度比で減っているかの確認でしかないのでしょうね。

海外の排出枠購入で数千億円の国費が流出するなど、国民としては何かおかしい?気持ちですね。日本の利益を不公平に損なわないようなんらかの手を打つ必要があると考えます。

人の善意で行う、それを政府が支援するくらいが、落としどころでしょうか。

総件数 1 件  page 1/1