EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
紙はGHSの可燃性固体に該当しますか 
次の記事へ
 件数:11221件
 新着順に表示
 167-176件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2016年11月02日   最終回答日 | 2016年11月13日
サブカテゴリ | 健康・化学物質 >> その他(健康・化学物質)
No.40597
? 紙はGHSの可燃性固体に該当しますか  2016-11-02 17:26:19
ZWlf454 きたかみ かんきょう
日本の消防法で危険物第2類に該当する製品は、GHS 区分に該当する可能性がある。となっています。
紙は消防法の指定可燃物(引火性固体)に該当し、可燃性を有すると思いますが、GHSの可燃性固体に該当するのでしょうか。
この質問への回答受付は終了しました
古い順に表示新しい順に表示
総件数 3 件  page 1/1 |   
No.40606
A-1. Re:紙はGHSの可燃性固体に該当しますか 2016-11-10 13:55:28
東京都 / ZWl144 こん
GHSの方がよく分かっていませんので、後の回答に期待して参考まで。
紙は指定可燃物になっていますが、「引火性固体」ではありません。
http://www.reiki.metro.tokyo.jp/reiki_menu.html
また、指定可燃物と危険物第2類とは別物です。
(普通の紙はGHS非該当と思いますが)
回答に対するお礼・補足:
ありがとうございます。引火性固体ではないのですね。

GHSの評価方法では、
「燃焼速度試験で基準を満たせば可燃性固体に分類されます。
1.燃焼時間が45秒未満または燃焼速度2.2o/秒超で、且つ燃焼が湿性部を越えて伝播するもの
2.燃焼時間が45秒未満または燃焼速度2.2o/秒超で、且つ燃焼が湿性部で4分以上とどまるもの
となっていますので、紙が該当するかもと懸念しています。
そのため、どなたかGHSの燃焼試験をされた方はいらっしゃいますか?
No.40607
A-2. Re:紙はGHSの可燃性固体に該当しますか 2016-11-13 12:02:21
ZWlcf60 Nobby
GHS(The Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals)はChemicals(化学品、いわゆる化学物質)の危険有害性の分類と、容器に貼るラベルの注意書きについて世界的に共通化するために国連が作ったルールであり、規制ではありません。GHSを採用し、どう法律に反映させるかは各国の判断に委ねられています。

日本では、ラベルへの表示とSDSによる情報伝達についてのみGHSを導入し、安衛法、化管法で義務化しています。化学品の規制についてはGHSの分類方法を国内法に取り入れたものはありません。有機則、毒劇法、消防法、高圧ガス保安法等の規制はそのままなのでそれぞれの法律で定められた表示とGHS対応のラベルとの併記が必要となります。

ご質問の件ですが、「紙」は化学品ではないのでGHSの適用外というのが答えです。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
No.40608
A-3. GHSとUNRTDG 2016-11-13 12:15:11
ZWlcf60 Nobby
GHSの元となった 国連危険物輸送勧告(UNRTDG)は各種危険品の輸送規則をルール化したものであり、判定基準で危険物となったものは国連番号が付けられUN容器を用いてUNコードのラベルを貼らなければ輸出入はできません。危険物の輸出の経験がある方はご存知だと思いますが、該当するUNラベルとマークに加えてGHS対応のラベルを貼ります。

可燃性固体についてGHSの判定試験は UNRTDGの試験方法をそのまま取り入れています。
可燃性固体の定義は「可燃性固体 とは、易燃性を有する、または摩擦により発火あるいは発火を助長する恐れのある固体を いう。 易燃性固体 とは、粉末状、顆粒状、またはペースト状の物質で、燃えているマッチ等の発火源と短時 間の接触で容易に発火しうる、また、炎が急速に拡散する危険なものをいう。」となっており、こちらの定義からも「紙」は可燃性固体に該当しないと思われます。 ちなみに国連番号が付いている「紙」は、UN NO.1379の「油性加工紙(不飽和油で処理されたもので完全に乾燥していないもの)[カーボン紙]」のみ検索で引っかかりました。

危険物に関しては、GHSとUNRTDGでも若干分類が異なっています。日本の危険物の分類は国連の分類と異なっている点が多々あります。危険物第2類「可燃性固体」はGHSの「可燃性固体」に該当するようですが、消防法の指定可燃物は国連分類では分類対象外となっているように読み取れます。詳細は下記を参照ください。
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/int/files/ghs/h25ver1.1jenter.pdf
回答に対するお礼・補足:
非常に丁寧な回答を頂きましてありがとうございます。
よく理解できました。
総件数 3 件  page 1/1 |   
ページトップへ