EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
排水のノルマルヘキサン抽出物質分... 
次の記事へ
 件数:11127件
 新着順に表示
 25-34件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.09.19

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国における廃棄物の適正処理等を確保するため、本年6月に廃棄物処理法が改正されました。改正法においては、平成28年1月に発覚した食品廃棄物の不正転売事案を始めとする廃棄物の不適正処理事案の発生や、雑品スクラップの不適正な保管等による生活環境保全上の支障の発生等を受け、廃棄物の不適正処理への対応の強化(許可を取り消された者等に対する措置の強化、マニフェスト制度の強化)、有害使用済機器の適正な保管等の義務付け等の措置を講じました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

登録日 | 2017年05月04日   最終回答日 | 2017年05月06日
サブカテゴリ | 水・土壌環境 >> 水質汚濁
No.40777
? 排水のノルマルヘキサン抽出物質分析法について  2017-05-04 09:46:26
ZWlf730 hachi1963
排水中のノルマルヘキサン抽出物質の分析において、捕集濃縮・抽出法を行う機会が多いです。

JIS K 0102では、試料に捕集剤として塩化第二鉄溶液を加え、炭酸ナトリウム溶液を加え、pHを7〜9として沈殿(水酸化鉄?)を生成させて沈殿が沈降して上澄み液層が完全な透明層になるまで静置することとなっています。

私ども分析室では、通常は沈殿生成後、一晩(12〜16時間)静置し、翌朝、上澄み液を抜き出して、残った沈殿に塩酸を加え、酸性下で沈殿を溶かした水層をノルマルヘキサンで抽出しておりますが、土日の休みや、連休が挟む時には、2〜3日間、長い時には4〜5日間、弱アルカリ性の状態で沈殿を静置しております。

そこで、私の懸念ですが、ノルマルヘキサン抽出物質には動植物油などの加水分解性の油分が多く含有されているため、pH7〜9の中性から弱アルカリ性の状態下で長時間放置しておくと加水分解などにより、ノルマルヘキサン抽出物質が分解し、分析値に影響を与えるのではないかということです。

その対処の方法としては、以下の3点が思いつくのですが、どのような対処が妥当なのか、ご教示願います。

1.何の処理もせず、サンプル排水を酸性下で冷所で保存する。
2.従来通り、沈殿を生成させ静置する。
3.沈殿を塩酸で溶かし、酸性下で置いておく。

その他、妥当な措置がございましたら、宜しくご教示願います。
この質問への回答受付は終了しました
古い順に表示新しい順に表示
総件数 1 件  page 1/1 |   
No.40779
A-1. Re:排水のノルマルヘキサン抽出物質分析法について 2017-05-06 18:03:35
ZWla61d たそがれ
私も炭酸ナトリウムによる弱アルカリでどの程度加水分解がおこるか確認したことがありませんのでその部分は他の方の回答を待ってみてください。
でも少し懸念することがあります。工場・事業場排水の分析方法は「排水基準を定める省令の規定に基づく環境大臣が定める排水基準に係る検定方法 付表4」(最新の改定で付表番号がずれているかもしれません 確認願います)に載っていますが、「捕集濃縮・抽出法」は採用されていません。
ヘキサンを添加後、かき混ぜ、あるいは振とうする方法のみです。 「捕集濃縮・抽出法」は環境基準、平たく言えば海水の分析法です。
加水分解の懸念があるのは動植物油脂をある程度含む排水であり、海水では無視しえると考えられることからそうなっている部分もあると思われます。
確認してください。
回答に対するお礼・補足:
「排水基準を定める省令の規定に基づく環境大臣が定める排水基準に係る検定方法」(環境庁告示64号)を確認して納得しました。
ご教示いただき、ありがとうございました。
総件数 1 件  page 1/1 |   
ページトップへ