EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
下水処理場 汚泥消化槽内の汚泥に... 
次の記事へ
 件数:11221件
 新着順に表示
 76-85件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2017年11月22日   最終回答日 | 2017年11月28日
サブカテゴリ | 水・土壌環境 >> その他(水・土壌環境)
No.40907
? 下水処理場 汚泥消化槽内の汚泥に含まれる有機酸について  2017-11-22 17:48:51
ZWlf061 マウンテン
下水処理施設の維持管理を自治体より受託しています。汚泥消化がうまくいっているか否かの判断で消化槽内の汚泥を分析し、有機酸濃度を測定すればよいと聞きました。
しかし、自治体の担当者に聞いても、指標が分からず、汚泥消化がうまっくいっているときの有機酸濃度範囲、有機酸濃度の下限値超・上限値超それぞれの時の消化槽の状況判断材料を教えて頂けますでしょうか。
この質問への回答受付は終了しました
古い順に表示新しい順に表示
総件数 2 件  page 1/1 |   
No.40910
A-1. Re:下水処理場 汚泥消化槽内の汚泥に含まれる有機酸について 2017-11-24 20:42:14
ZWlbd18 papa
>汚泥消化がうまくいっているか否かの判断で消化槽内の汚泥を分析し、有機酸濃度を測定すればよいと聞きました。

ずっと昔のことですが、はじめて処理場勤務になっとき、先輩から同じようなことを言われてVFAの測定をしてみましたが、大して参考にもならず結局は徒労でした

メタン生成菌の水素供給源である基質がVFAであるといろいろな本に書いてあるから、有機酸蓄積状態になった時は生物反応が順調に進んいないという結果なのでしょうが、その状態になったからどうするかというのは???

VFAを測定するより、日常的に把握している投入汚泥のTS・VTS、消化汚泥のTS・VTS、pH、平均汚泥滞留日数、単位VTS当たりのガス発生量、計算で簡単に算出できる消化率などで汚泥消化の状態把握は十分に可能です。
回答に対するお礼・補足:
papa様
有難う御座います。

現状の消化率やTS・VS・pH・滞留日数・投入VS当りのガス発生量等は把握しております。ただ、有機酸を測定すると1500r/Lのときもあったり、5000r/Lのときもあり、しかしながら上述の項目はなんら変化もなく、3か月間1500〜5000r/Lを行ったり来たり。
平均は2500ぐらいです。この測定での判断はいかがでしょうか。
No.40918
A-2. Re:下水処理場 汚泥消化槽内の汚泥に含まれる有機酸について 2017-11-28 07:54:59
ZWlf82f seiken
消化槽は人間のおなかと同じです。暴飲暴食に気を付け、寝冷えをしないようにすれば、難しい管理はいりません。投入負荷を一定に保ち、温度管理をする。消化槽の中の管理には「アルカリ度」を用いると便利です。アルカリ度はpHよりも敏感に変動します。経験上2,000以上であれば消化は順調に進みます。(置かれている状況によっても異なりますからご自分のところは測定し把握してください)有機酸をいちいち測定するよりもアルカリ度を測定するほうが楽です。
回答に対するお礼・補足:
seiken様

回答有難うございます。
現在の汚泥消化槽についてですが、おっしゃる通りアルカリ度も測定しております。現在3,300r/L前後あり、順調として判断しております。有機酸の濃度によって消化ガスの発生量に左右さててしまう観点から有機酸を指標に管理をしていきたいと言う方向性があります。VSはあくまで有機物の減少、アルカリ度は消化工程の指標、消化ガス化への指標としては有機酸からメタンガス・二酸化炭素への気化工程を確認するためとして考えております。有機酸に対する知識を他にお持ちであればご教授願います。
総件数 2 件  page 1/1 |   
ページトップへ