EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
排ガス中のふっ素分析について   
次の記事へ
 件数:11221件
 新着順に表示
 46-55件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2018年03月16日   最終回答日 | 2018年05月20日
サブカテゴリ | 大気環境 >> 大気汚染
No.40998
? 排ガス中のふっ素分析について  2018-03-16 22:48:19
ZWlf910
排ガス中のふっ素分析をアルフッソン使用で行っているのですが、低濃度検量線(10μg以下)の発色強度が落ちてしまいます。

現在はJISに則りアルフッソン5ml、アセトン10mlを加え50mlメスアップで分析しています。
pHの影響を受けるとのことでしたので分析後の検液でpHを確認したところ5.5付近となっていました。
また、アセトンの影響も考慮し今後アセトン量を増やして確認してみるつもりですが、何か分析の注意事項等をご存じの方がいればご教示いただけないでしょうか。
この質問への回答受付は終了しました
古い順に表示新しい順に表示
総件数 4 件  page 1/1 |   
No.41002
A-1. Re:排ガス中のふっ素分析について 2018-03-21 17:39:40
ZWlcf60 Nobby
素人考えで申し訳ありません。アセトンを増やすよりアルフッソンを増やした方が発色に関係する物質が多くなるので発色強度が増すように思われますが・・・

専門家の方フォローをお願いします。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
No.41023
A-2. Re:排ガス中のふっ素分析について 2018-04-08 20:36:13
ZWl7b25 筑波山麓
少し知識が古いかもしれませんが、ランタンアリザリンコンプレソンでもドータイトアルフッソンでも10ugよりもかなり低いところまで直線性がありました。

排ガス中のフッ素分析とのこと。前処理(蒸留操作)を行っていますか?また、塩化物イオンを固定して分離していますか?

排ガスの性状によっては相当量の塩化物イオンを含んでいるものがありますので注意が必要です。

「分析後の検液でpHを確認したところ5.5付近」とのことですので大丈夫と思いますが、発色したフッ化化合物複合錯体はpHが高くなるにつれて吸光度が増大しますので、用いる試薬、発色後のpHは4.5~5.5の一定を保つように注意していますか?

次に、ドータイトアルフッソン溶液であれば、測定波長の620nmでかなりの吸光度を示すので、発色のために加える試薬量は常に一定で、かつなるべく低い濃度であることが重要です。

最後に、吸光光度計の校正はできていますか?波長をずらしながら確認し、所定の測定波長が正確に極大ピークをとらえていますか?

とりあえず、こんなところが気づきました。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
No.41028
A-3. Re:排ガス中のふっ素分析について 2018-04-15 15:21:01
ZWla61d たそがれ
JISK 0105では検量線最低濃度は4μg/50mLなので引けないことは考えにくいです。。機器の確認についてはA-2の回答以上のことは思いつかないのですが、整理したいのは実サンプル以前に検量線が精確に引けないことですよね。そうすると溶液に含まれるマトリックス等は考える必要はないということです。 まず、JISに従って蒸留はしないこと、また試薬の量は変えないこと等が基本だと考えます。JISというのはそれなりの妥当性確認がなされたうえで発出されるものだからです。ふっ素などはかなり古典的というか洗練された分析法になっていると考えられます。やはり機器、分析操作の確認に重きを置いて再考されるべきと思います。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
No.41061
A-4. Re:排ガス中のふっ素分析について 2018-05-20 17:49:43
ZWlf20 火鼠
>排ガス中のふっ素分析をアルフッソン使用で行っているのですが、低濃度検量線(10μg以下)の発色強度が落ちてしまいます。
>
>現在はJISに則りアルフッソン5ml、アセトン10mlを加え50mlメスアップで分析しています。
>pHの影響を受けるとのことでしたので分析後の検液でpHを確認したところ5.5付近となっていました。
>また、アセトンの影響も考慮し今後アセトン量を増やして確認してみるつもりですが、何か分析の注意事項等をご存じの方がいればご教示いただけないでしょうか。

昔の話ですが、アルフッソンって混合試薬ですよね?あれは、ロットで購入して検量線を作りました。ロットで感度ちがいますよ。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
総件数 4 件  page 1/1 |   
ページトップへ