EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アルカリ融解について      
次の記事へ
 件数:11234件
 新着順に表示
 6-15件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2018年08月22日   最終回答日 | 2018年08月23日
サブカテゴリ | 水・土壌環境 >> 地下水/土壌汚染
No.41152
? アルカリ融解について  2018-08-22 14:44:15
ZWlf75b ぱっきー
土壌前処理勉強中の者です。
現在土壌中のクロムやホウ素の前処理をアルカリ融解で行っています。
その時に試料を炭酸ナトリウムで融解した後、融成物を含んだ液を温水でろ過していきますが、常温の水ではいけないでしょうか?JIS等では60℃以上の温水とありますが、何か組成が変わるのでしょうか?
60℃以上の温水である必要性が知りたいと思ってます。

またその液を加熱濃縮すると、試料によってはゲル化したもの(主としてシリカ系と思われる)が現れだします。このゲルが多量であった場合、その後の希釈等でピペット操作のため多少のバラツキが出てしまいます。
試料は底質・土砂であった場合、このゲルの正体と希釈・分析時のゲルへの対応方法で知見があればお伺いしたいと思っています。

長々となりましたが、ご教示いただければと思います。
この質問の修正・削除(質問者のみ)  この質問に対する回答を締め切る(質問者のみ)
この質問に回答する
古い順に表示新しい順に表示
総件数 1 件  page 1/1 |   
No.41154
A-1. Re:アルカリ融解について 2018-08-23 05:14:38
ZWla61d たそがれ
クロムについてですが、ゲル状の生成物についてはよくわかりません。強アルカリで溶けていた金属の一部がろ過後の中和によって析出してきたのかもしれません。分取する前によく振って均質になるように努力はしています。また、バリエーションですが、アルカリのまま50 mL程度に濃縮してからろ過、100 mL定容後、分析に供する分だけ分取後中和という手法もあるにはあります。

熱いままろ過、及び温水でろ紙を洗うことについてですが、融解物を含んだ液はクロムは6価の状態、鉄等の金属は水酸化物の状態です。ろ別することで他の金属を排除するのが目的ですが、冷えるとクロムが3価の水酸化物となり、ろ紙にとられてしまうおそれがあるからです。
あらためて底質調査方法を確認してみましたが、クロム(アルカリ融解法)の注)に同様のことが書いてありました。
確認してください。

8/24 追加
クロムについては底質調査方法に従って融解前にフッ化水素酸処理をしていればシリカは系外に排出されているはずです。その操作がなされているでしょうか。
回答に対するお礼・補足:
たそがれ様

早々にアドバイスいただきありがとうございます。
底質調査方法におけるクロムとホウ素の処理の違いにフッ酸処理があり、たしかにクロム操作でのゲルの発生はホウ素操作に比べ、かなり少ないものでした。(クロム操作もゲルの発生はありましたが、蒸留水での定容時には全く気にならないほどの量)
フッ酸はシリカ系に分解等し、分析上の影響をなくすことができるのですね。
難しいですね・・・

上記の点を踏まえまして改めて以下の対策を検討してみます。
  @ホウ素操作によるシリカ系対策として、溶融前のフッ酸処理の検討。
  Aホウ素操作時は「アルカリのままろ過→100ml定容→分取中和」の対応。
  B温水でのろ過時は細目に温水を足しながら冷やさないように行う。
総件数 1 件  page 1/1 |   
ページトップへ