EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
大気水銀の定量下限値      
次の記事へ
 件数:11280件
 新着順に表示
 48-57件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2018年09月05日   最終回答日 | 0000年00月00日
サブカテゴリ | 大気環境 >> 大気汚染
No.41163
? 大気水銀の定量下限値  2018-09-05 20:54:53
ZWlfa9 匿名
環境省の有害大気マニュアルにそって水銀の測定を行って居ます
定量下限値、検出下限値の値をきめかねています

マニュアルに「捕集管に検量線作成時の最低濃度(定量下限付近)の標準ガスを添加し」とありますが
これは検量線を作成する時と同じように標準ガスを機械に注入してもよいのでしょうか。それとも捕集管に標準ガスを何らかの方法で注入するのでしょうか。
また大気濃度に換算する場合、流量0.1〜0.5l/minなので捕集量はどうすればよいのかわかりません。

詳しく定量下限値、検出下限値の測定の仕方を教えて下さい
この質問への回答受付は終了しました
ページトップへ