EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
CODの意味について       
次の記事へ
 件数:11267件
 新着順に表示
 4-13件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.12.13

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 日本では、年平均気温が100年当たり約1.2℃の割合で上昇していて、温室効果ガスの削減を厳しく進めなければ、今後もさらなる上昇が見込まれます。今年は夏に多数の地域で40℃を超えるなど記録的な猛暑となったり、また、豪雨による甚大な被害が出たりするなど、異常な気象を肌で感じる機会が多かったのではないでしょうか。今の調子で気候変動(温暖化)が進んでいくと、稲作をはじめとする農作物への悪影響や洪水や高潮といった災害の増加、熱中症患者の増加など、その影響はますます深刻化することが予想されています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2018年12月06日   最終回答日 | 2018年12月09日
サブカテゴリ | 水・土壌環境 >> その他(水・土壌環境)
No.41240
? CODの意味について  2018-12-06 18:09:28
ZWlf933 初心者
最近、水環境について学び始めた者で、基礎的な質問かと思いますが、CODについて疑問があるので、質問させて頂きます。

化学的酸素要求量(COD)ですが、論文などで数多く「難分解性COD」や「COD成分」といった表記を見かけます。

このような表記の場合、CODは何を意味しているのでしょうか?
難分解性COD=難分解性化学的酸素要求量?

とある文献には「COD=難分解性有機物」として使用してあるものがありましたが、こちらの解釈で良いのでしょうか?
この質問の修正・削除(質問者のみ)  この質問に対する回答を締め切る(質問者のみ)
この質問に回答する
古い順に表示新しい順に表示
総件数 2 件  page 1/1 |   
No.41241
A-1. Re:CODの意味について 2018-12-07 11:40:38
ZWl47e たる吉
>最近、水環境について学び始めた者で、基礎的な質問かと思いますが、CODについて疑問があるので、質問させて頂きます。
>
>化学的酸素要求量(COD)ですが、論文などで数多く「難分解性COD」や「COD成分」といった表記を見かけます。
>
>このような表記の場合、CODは何を意味しているのでしょうか?
>難分解性COD=難分解性化学的酸素要求量?
>
>とある文献には「COD=難分解性有機物」として使用してあるものがありましたが、こちらの解釈で良いのでしょうか?

定義がないのであれば論文を書いた方に聞かないとわからないと思いますが、おそらく次のイメージだと思います。

@難分解性COD:化学的酸素要求量(COD)のうち一般的な生物処理等で分解できず、CODとして検出される成分のこと
A難分解性COD成分:同上
BCOD=難分解性有機物:生物排水処理後にBODが定量下限以下になったにも関わらず、CODとして検出された有機物成分のこと。

なお、Bの論文を書いた人は「CODがなんなのか」を理解していない可能性が高いと思います。
回答に対するお礼・補足:
各用語について丁寧にご説明頂き、ありがとうございます。
一言にCODと言っても成分の意味を示す場合があること、よく分かりました。
論文など、著者がCODをどのような意味合いで使用しているかも気を付けながら再確認してみたいと思います。

ありがとうございます。
No.41244
A-2. Re:CODの意味について 2018-12-09 22:30:57
ZWl3b51 万田力
閲覧はしていたのですが、投稿するのは何年ぶりになるでしょうか?
たる吉さんは相変わらずご健勝のご様子、これからも頑張ってください。
さて、たる吉さんの回答で解決済みとは思いますが、一言添えるなら行政で使われる言葉と学術研究の場で使われる言葉とでは、同じ言葉でも意味が違う場合が多々あるということを理解しておくことも大切です。
これは、例えば同じ「特定施設」という言葉でも、騒音規制法と水質汚濁防止法とでは全然別なものを指していることを考えると、ある意味当然だということが理解できるでしょう。
しかしながら、学術的な論文であればなおのこと、用語の定義は自ら明確にして貰いたいものですね。
http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=19909
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
総件数 2 件  page 1/1 |   
ページトップへ