一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境Q&A

石けんシャンプーの成分には…? 

登録日: 2004年03月28日 最終回答日:2004年03月29日 環境学習 こどもの環境学習

No.5431 2004-03-28 16:00:00 とん

石けんシャンプーの成分には,有害物質が含まれているのでしょうか??あと,合成シャンプーには有害物質が入ってるって聞いたのですが,そうだとしたら石けんシャンプーとどちらが危険なのでしょうか??教えて下さい!!お願いします…

総件数 4 件  page 1/1   

No.5436 【A-1】

Re:石けんシャンプーの成分には…?

2004-03-29 11:35:04 東京都 / こん

以前に関連するQAが載っています。

Q.水の汚染と環境に配慮した調理について
http://www.eic.or.jp/QA/bbs02.php3?serial=3413&sch_serial=3419#3419

生活排水について考えよう!(三重県のホームページ)
http://www.pref.mie.jp/OSEIKAN/HP/syudy/seihai/seihai.htm
Q4 合成洗剤と石鹸の環境への影響は?

合成洗剤か?石鹸か?
http://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/SoapOrDet.htm

 補足しますと、化学物質で、無条件で有害なもの/安全なものはないと考えて良い思います。その量、使用状況、個人差(個体)で異なります。
 安全性が高い=>効果が低い=>使用量が増加する、などという場合にも注意が必要です。
 石鹸シャンプ−や合成シャンプーといっても、添加物が種々入っています。全体として考える必要があります。主成分を含めてそれらの安全性などは、基本的には製造者が調べているはずです。それが正しいかどうかチェックしていくことも必要かもしれませんが(個人的には難しい?)。

No.5438 【A-2】

Re:石けんシャンプーの成分には…?

2004-03-29 14:07:00 東京都 / 君山銀針

洗剤と石鹸については

http://www.eic.or.jp/QA/bbs02.php3?serial=186
に紹介した
横浜市の水環境のページのQ&Aコーナー、
(石けんや合成洗剤は下水処理に問題ありませんか? /合成洗剤は下水処理場で処理できるのですか? /リンスの生分解性は悪いのですか?/石けんと合成洗剤の生分解の差を実験したいのですが? )などの質問への回答があります。

この回答でもご紹介し、こんさんもあげられた
市民のための環境学ガイド 合成洗剤か?石鹸か?
などの情報も参考になりますが、さらに最近整備されたコンテンツでは

日本石鹸工業会 もっと良く知ってほしい洗剤
http://www.jsda.org/a_sekken01.html

石けんと合成洗剤に関する資料
http://www.live-science.com/bekkan/data/index.html

学校給食ニュース 石けん・合成洗剤の基礎知識
http://www1.jca.apc.org/kyusyoku/soap/index.html
といった内容もありますので比較して読んでみてはいかがでしょう。

No.5445 【A-3】

Re:JPCCNのCRCサービス(1)

2004-03-29 22:11:52 JPCCN関西 化情技セ

JPCCN関西 化学情報技術センターの井田です。

>石けんシャンプーの成分には,有害物質が含まれているのでしょうか??

それについて明確に判断するには、成分表示情報が必要になります。製品によっては、キレート剤(エデト酸塩、エチドロン酸塩など)や防腐剤(安息香酸塩など)、分散剤という名目での非イオン界面活性剤(脂肪酸アルカノールアミド、ポリオキシエチレン系界面活性剤など)が使用されている場合がありますので、これらについてはお勧めできません(公益性保持と正しいCRC手法の推進の観点上、具体的なメーカー名および製品名の提示は差し控えさせていただきます。ご了承ください)。
キレート剤には細胞膜の構造保持のために重要な働きを担うマグネシウムなどの金属イオンを捕捉し、これらイオンを奪い去る作用があり、この作用は、細胞膜を脆弱化させる肌荒れや、有害物質の経皮吸収の促進に密接に関与します。生化学研究では、細胞からの生体物質の抽出の際の細胞膜を破壊するプロセスで、エデト酸塩などのキレート剤が使用されることがあります。
脂肪酸アルカノールアミドは、生分解されてもキレート剤のNTA(ニトリロ三酢酸)を経ることが、理論的に解釈されます。同様にNTAも環境汚染物質であることはいうまでもありません。

回答に対するお礼・補足

丁寧にありがとうございます!

No.5448 【A-4】

Re:JPCCNのCRCサービス

2004-03-29 22:49:27 JPCCN関西 化情技セ

>あと,合成シャンプーには有害物質が入ってるって聞いたのですが,そうだとしたら石けんシャンプ

ーとどちらが危険なのでしょうか??教えて下さい!!お願いします…

危険という煽動を呼ぶ言葉はやめてください。CRCでは、「化学物質が危険である」というような表現はしてはいけません。化学物質が怖いと思うのは、あなたが無知であるがゆえに、情報不足と誤った判断のもとで使用されるからであり、「怖い」「危険な」化学物質など、世の中には存在し得ません。問題はあなたが化学物質に関して正しい認識や考え方をもったうえで、CRCが的確に進められるかどうかということだけです。
上の回答は、JPCCNのホームページ「まなびの館」をきちんと読むことでわかるはずです。
基本的にシャンプーは台所用の合成洗剤に、防腐剤(パラベン、チアゾリノン系抗菌剤)が含まれたものであり、リンスインシャンプーやリンスは、柔軟仕上げ剤に含まれているものに近い構造を持つ陽イオン界面活性剤と前述のような防腐剤が含まれているとお考えいただいてよろしいかと思われます(製品によって、成分組成は多少異なります。)

場の都合上、構造式の提示ができないなど、以上に示した説明では完全ではありませんので、各製品に含まれる成分のCRCに関するご相談は、JPCCNに直接お問い合わせいただくのが最も確実な方法です。

JPCCNでのご相談分では、原則として関連する物質の構造式データを提示し、化学の目による真の理解を図ります。ご利用は、正会員として登録していただいて保証つきのサービスを利用するか、無償登録の「市民の化学友の会」に登録していただいて問い合わせていただくことになります(但し、「市民の化学友の会」の登録だけの場合、回答の判断は飽くまでJPCCNの裁量権に委ねることになることをご了承ください)。

正しいCRCを推進し、化学物質に関する正しい認識のもと、真の意味で安心できる生活を実現するためにも、ぜひJPCCNのホームページと公益サービスをご利用ください。

JPCCNホームページ http://www.jpccn.org/

総件数 4 件  page 1/1