EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
リバイバル!二槽式洗濯機    
次の記事へ
 件数:11293件
 新着順に表示
 9293-9302件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2004年04月03日   最終回答日 | 2004年08月03日
サブカテゴリ | 水・土壌環境 >> 水質汚濁
No.5530
? リバイバル!二槽式洗濯機  2004-04-03 23:59:28
JPCCN関西 化情技セ
JPCCN関西 化学情報技術センターの井田です。

二槽式洗濯機で石けんでお使いの方は、きっとその洗浄力のすばらしさに日々納得していることでしょう。合成洗剤でよくある「生乾きのにおい」や、全自動洗濯機の「洗濯槽の黒かび」など全く気にしない洗濯生活に、昔も今も変わらない本当の清潔な生活のありがたさを実感することでしょう。

二槽式洗濯機は、以下の利点があります。

●洗濯液(石けん水)が、洗濯物の吸収で失われた分の継ぎ足しだけで再使用が容易にでき、水と石けんの節約になります。
●洗濯槽は固定されているため、黒かびの発生で不潔になる心配がなく、洗濯槽の掃除で手を煩わせることがありません。手入れは石けんかすなどが付着した場合に限り、濃い目の石けん水でこすり落とすだけでOK(石けんを正しく使用して洗濯すれば、石けんかすがこびりつくことは滅多にありません)。高価な洗濯槽洗浄剤を購入したり、洗濯槽洗浄剤を大量に使用する罪悪感もありません。
●マイコン制御など不要な機能がなく、トルクの大きい洗濯槽モーターと、洗濯と脱水の二重タスク、石けんのすすぎをさらに簡単にできる注水脱水機能など、ほんとうに必要で便利な機能がしっかりしている堅実さで、全自動洗濯機にありがちな洗濯の失敗や故障などのトラブルも少なく、末永くあなたの生活のサポーターとして活躍してくれます。
●本体価格もお手頃(3.5〜4kg洗いで約2〜3万円程度)で、家計にもやさしいです。

全自動洗濯機の普及は、合成洗剤とそれらによる水質汚濁の歴史とほぼ並行しているともいわれます。合成洗剤に最適化された設計で、全自動洗濯機の基本機能を活かすかぎり、洗濯液はワンウェイで排水するため、必然的に合成洗剤の使用量が多くなるようになっています。洗濯機というハード面の見直しも重要なことと考えます。

二槽式洗濯機で石けんを使っている方、あるいは二槽式洗濯機での石けん洗濯を新しく発展的なライフスタイルとして実現したいという方からのご意見や体験談、メッセージをお待ちいたしております。

21世紀の現在も、これからも、
がんばれ!二槽式洗濯機!

石けん洗濯のお役立ち情報は、以下のURLに今すぐアクセス!
http://www.jpccn.org/jpccn-cit/soap.html
この質問への回答受付は終了しました
古い順に表示新しい順に表示
総件数 23 件  page 1/3 |  1 2 3 次へ
No.5532
A-1. 全自動洗濯機をご使用の方へ:今すぐ二槽式洗濯機に買い換えよう! 2004-04-04 13:02:32
JPCCN関西 化情技セ
JPCCN関西 化学情報技術センターの井田です。

全自動洗濯機を使用中の方は、「壊れてもいないものを廃棄するなんて、環境によくないのでは?」と躊躇されている方も多いのではないでしょうか?でも、今後の将来のことをよく考えてみてください。そういう口実の惰性でずっと全自動洗濯機を使い続けている限り、全自動洗濯機の数々の悩みから解放されないだけではなく、洗剤や水を無駄にし、洗剤(とくに合成洗剤)や洗濯槽洗浄剤による環境負荷をいたずらに大きくし、水環境を汚染し続けることになるのです。

あなたもすぐに、家電店で以下のようにアクションを起こしましょう。

1.家電リサイクル法に基づき、全自動洗濯機の回収を信頼のおける家電店に依頼しましょう。
2.あなたのライフスタイルに合った二槽式洗濯機を選びましょう。ついに家電の優等生、二槽式洗濯機の購入です。
※3〜4人家族程度であれば、普及型の3〜4kg洗いで十分です。大家族のための大容量8kg洗いタイプ(価格は普及型の2〜3倍)もあります。
3.全自動洗濯機と引き換えに、二槽式洗濯機の納品です。セットアップも簡単です。
4.オレイン酸含有量の多い油脂でできた粉石けんを選びます。通常の洗濯では、炭酸塩が30〜40%含まれている製品の使用が最適です。また、金属イオン封鎖剤が含まれていないことを確認しましょう。
5.これであなたも、清潔に洗い上げながら、水環境にも配慮する、「ほんものの洗濯生活」の快適さを実感できることでしょう。

また、JPCCNでは、会員サービスとして、二槽式洗濯機の活用や洗濯に関する相談への対応や情報提供などのサービスを常時保証つきにて提供させていただいております。快適な生活のために、ご利用になることをおすすめいたします。

石けん洗濯のお役立ち情報は、以下のURLに今すぐアクセス!
http://www.jpccn.org/jpccn-cit/soap.html
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
No.5552
A-2. Re:リバイバル!二槽式洗濯機 2004-04-06 08:24:00
東京都 / サラリーマン
ご意見に水をさして恐縮だが、
二槽式は全自動より水を使う。私はほんの2年前まで二槽式の方が電気も水も使わないと信じて使っていた。
ところが壊れてしまい、家内や電気店の薦めもあって全自動を買ったが、このほうが制御が細かく電気は食わず水も大幅に減った。
これは体感的事実であるし、各家電メーカーも類似のデータを公表している。
ご意見はせっけんがいいという主張とかと思うのだが、全自動については再考を促す。
回答に対するお礼・補足:
どうやらあなたも家電業界と合成洗剤メーカーとの結託による洗脳の被害者のようです。
このような発言は慎んでいただきたいところですが、被害に気付いたという点においては、あなたにとっても、この議論への参加者にとってもよかったのかもしれません。
サラリーマンさんが前に書かれている一行(「ところが壊れてしまい…」の前まで)が正しい記述であり、その後は根拠のないことです(ただ、実際の使用とは無関係に、実験条件を調整することで、全自動洗濯機に関して都合のよいようなデータを得られるようになることを忘れてはなりません)。
誰が考えても、二槽式洗濯機が機械の機構上壊れにくく、節水型であることは容易に理解できます。
例えば、全自動洗濯機の半分の洗濯容量の二槽式洗濯機での洗濯に使用する水と石けんの量を1とした場合、
同じ量の洗濯物(全自動洗濯機1回分)を洗濯するのに使用する水や石けんの量は、
全自動洗濯機での洗濯1回では2の水や石けんを使うのに対し、
二槽式洗濯機では、1回目で1、2回目で洗濯物が吸収した分を約30%として、それによる不足を補う0.3で合計1.3となり、
二槽式洗濯機は水や石けんの使用量を約35%も節約できる計算になります。
さらに、すすぎの際に界面活性作用を失う石けんは、合成洗剤の場合に比べてすすぎ時間やすすぎ水の量が少なくて済みますので、このことによる節水効果も大きいものです。
このように、石けんと二槽式洗濯機での洗濯による節水効果は、疑う余地がなく明らかです。
No.5564
A-3. Re:「洗う」という意味を忘れさせた、全自動洗濯機 2004-04-07 22:12:03
JPCCN関西 化情技セ
JPCCN関西 化学情報技術センターの井田です。

みなさんにお聞きしたいと思います。
あなたは、「洗う」とはどういうことを意味するとお考えでしょうか。

では、最近の全自動洗濯機での「洗濯」では、ほんとうに「洗った」ことになるのでしょうか?

「省エネ」やら、「衣類にやさしい」やら、理解に苦しみますが、最近は、前の発言にもあったように、マイコン制御による弱い水流のものが多くなっているようです。

しかし、弱い水流では汚れが落ちるはずもなく、さらに洗浄力に乏しい合成洗剤を使えば、生乾きのにおいがするのも当然でしょう。しかも、二槽式洗濯機では手入れ不要のはずが、全自動では、同じように使えば最悪の場合は黒かびが衣類に付着するといいますから、ここまでくれば、もう笑い飛ばすしかありません。

いくら「省エネ」でも、これではいかがなものでしょうか。効果がないのであれば、いくら省エネでも、電気と水と洗剤の無駄です。
もし二槽式のほうが電力消費が多くなったとしても、全自動のように、洗濯の失敗で洗いなおさなければならなくなる確率はきわめて低いですし、何より清潔に仕上がりますから、結局は電気も水も洗剤も有効に利用されたことになるのです。

全自動を再考すべきと考える方、
これでも、あなたは「省エネ設計」のマイコン制御の全自動洗濯機をあきらめきれませんか?
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
No.5581
A-4. Re:リバイバル!二槽式洗濯機 2004-04-09 11:42:53
re
好きな方使えばいいでしょう。
全自動は忙しいときは助かるし・・・・。
石けんケチるって意味では二層式なのかなぁ。
因みに私は二層式ですが今度は全自動買おうって思ってます
回答に対するお礼・補足:
全自動は洗濯することでかえって不潔にしたり、大量の洗浄剤を使って洗濯槽の掃除をすることが求められます。

さらにはゴキブリまで誘ってしまいます。

それでもあなたは全自動洗濯機を選びますか?
No.5595
A-5. Re:サラリーマンさんへの回答 2004-04-11 01:03:47
JPCCN関西 化情技セ
JPCCN関西 化学情報技術センターの井田です。

>証拠無くしてはいかなる断言も無意味です。

との回答ですが、それ以前に評価に当たっての定性的考え方を明確にしておかなければ、いかにも証拠固めで確かな評価結果にみえても、結局は実用的には無意味な結果を招きかねない場合があり、これは工学的な評価手法を行う方が陥りやすい盲点であるといえるでしょう。

証拠固め以前に、評価のコンセプトを明確にし、エネルギーや水の使用量といった特定のポイントに注視するのではなく、鳥瞰的な視点で捉えて評価することが重要です。そのような考え方がしっかりしていれば、必ずしも証拠の提示は必ずしも必要はないと考えます(提示された証拠が実際使用を想定した評価には有用ではない場合も多くあります)。また、数値データに必要以上にこだわることによって、実用面で、融通の利く論理的考え方が行われないという弊害も実際に問題となっています。

全自動洗濯機の評価は、水や電気の使用量だけでは結論が得られるわけではなく、前の提起および回答で示しましたように、衛生面に関する要素や、洗剤の環境負荷に関することも視野に含まれていなければなりません。

ISOの認証を取得することが、一種のステータスシンボルのように捉えられているご時世ですが、必ずしもISO認証を取得することが、市民が実際に製品やサービスを利用したり、環境面で優れていることを保証するものではないと、JPCCNでは考えております。

以 上
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
No.5596
A-6. Re:けなげにもすばらしい新型二槽式洗濯機 2004-04-11 01:27:02
JPCCN関西 化情技セ
JPCCN関西 化学情報技術センターの井田です。

昨日、大阪のとある電器店の洗濯機コーナーを訪ねました。

全自動やドラム式が華々しい舞台に立つかのように陳列しされている陰で、けなげにもすばらしさを主張するかのように、二槽式洗濯機が数アイテム置かれているのを、やっと探して見かけました。

最近の二槽式もやはり改良がなされており、従来のブラスチック槽だけではなく、脱水槽がステンレス槽にし、衛生面と耐久性の面でのさらなる改良を追求した、本当の意味での改良品が販売されていました。

このような家電の優等生が隅に追いやられているのをみると、残念で悲しいことですが、けなげにも良さを主張し続ける名機、二槽式洗濯機の雄姿には、心を動かされるものです。

近い将来、二槽式洗濯機が華々しい舞台に立てるよう、皆さんも応援してやってください。

心よりお願いいたします。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
No.5597
A-7. Re:全自動洗濯機への思わぬ侵入者とは 2004-04-11 01:39:18
JPCCN関西 化情技セ
JPCCN関西 化学情報技術センターの井田です。

意外なようですが、全自動洗濯機には、これからの時季気になる、招かざるべき侵入者が住み着くことがあることをご存知でしょうか?その正体は、信じたくないでしょうが、

ゴキブリ

です。

黒カビやその他の汚れの発する低〜中級脂肪酸やアミン類などの臭いは、ゴキブリの格好の誘引源であり、なおかつ餌場です。二槽式洗濯機は構造上、黒かびや汚れかすが手の届かないところにたまることがなく、ゴキブリが住み着く余地を与えません。

ゴキブリが大好きな方には、全自動洗濯機をおすすめします。

ゴキブリが大嫌いな方、できるだけお目にかかりたくないという方には、迷わず二槽式洗濯機をおすすめします。

この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
No.5598
A-8. Re:リバイバル!二槽式洗濯機 2004-04-11 12:03:33
クマムシ
ゴキブリについては、使用後に上蓋をきちんと閉めれば良いです

二層式・全自動それぞれに一長一短があるので、どちらか一方だけが素晴らしいということはありません。
ライフスタイル、洗濯物の量などのでも変わってきますから、それぞれの使用状況でどちらがより節水・節電に優れているかを考慮すれば良いのです。
回答に対するお礼・補足:
衛生面に関する要素や、洗剤の環境負荷に関することも視野に含まれていますか?

ゴキブリを甘く見てはいけません。誘引源、すなわちゴキブリにとって少しでも都合のよいもの(快感に感じるものや餌になり得るもの)さえあれば、日頃目に留めないわずかな隙間からでも侵入します。

それらの(洗濯機としての機能面での)評価が低ければ、いくら省エネでも、節水型でも、電気や水のムダになることは、前に示したとおりです。
No.5600
A-9. Re:二槽式洗濯機との競合の条件 2004-04-11 21:35:34
JPCCN関西 化情技セ
JPCCN関西 化学情報技術センターの井田です。

もし、以下のような条件がすべて揃うような全自動洗濯機が実際にあったとすれば、二槽式洗濯機とはじめて競合できるでしょう。

●どのような使い方をしても、洗濯槽(とくに手の届かない内部)にカビやにおいが発生しない(メンテナンスフリータイプ)。
●機械力(回転部のトルク)が大きく、石けんの洗浄能力を最大限に発揮できる(溶け残りや生乾きのにおいの発生などのトラブルもなし)。
●石けん液の再(再々)使用が、全自動洗濯機の機能を活かしつつ、容易に実現できる(通常の全自動洗濯機のように、洗濯のたびに石けん水を捨てるようなことをしない)。
●使用者の思うままの(二槽式のような)マニュアル操作にも柔軟に対応。
●価格やランニングコスト(電気代など)も同じ洗濯能力をもつ二槽式洗濯機並み(本体価格は、少々割高でも可)。
●故障しにくく、二槽式並またはそれ以上の耐久性がある。

いかがでしょうか。
今まで当方で把握するかぎりにおいては、上記の条件をひとつでも満たすような全自動洗濯機は存在しないようですが、もしおありでしたら、お教えください。

(上記条件をすべて満たすことが条件です。)

よろしくお願いいたします。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
No.5604
A-10. Re:リバイバル!二槽式洗濯機 2004-04-12 07:14:48
aqua-play
間違いとはいいませんが、いくら論議しても根拠のしめせない終わりのない論議や机の上だけの空想論にすぎないと思います。

しまいには洗濯機を使わないで、たらいに洗濯板で洗った方がいいと云う話にもなりかねですね
回答に対するお礼・補足:
このような回答を待っていました。
洗濯板の活用は、洗濯の意義を原点から考えるうえでは、市民教育的意義のあることであるといえます。
また、セーター数着を洗うのであれば、ぬるま湯に無添加の粉石けんを溶かし、ネットに入れて手押し洗いするのが最も確実な方法です。
ただし、「毎日洗濯板で洗濯しましょう」と市民活動で呼びかけても、受け入れてもらえないのは必至ですので、以下のことに注意しながら、「状況に応じて、時々使ってみるのもよいでしょう」とするのがよいでしょう。

全自動洗濯機の問題は、合成洗剤の普及と機械への甘え(洗濯という家事での横着)が生んだ問題です。洗濯機は、もともと家事の省力化により、時間を有効に活用できるようにしながらも、手洗いと同等の洗浄効果を得られるように開発されたものです。その洗濯機が二槽式洗濯機です。
現在でも、洗浄効果と家事の省力化の最もバランスの取れた最良かつ唯一の選択は、二槽式洗濯機と石けんの活用ということになるわけです。
たまには、市民教育的観点から、洗濯板を活用した洗濯を実践して、洗濯の意味について考え直すのもよいことだと思います。
総件数 23 件  page 1/3 |  1 2 3 次へ
ページトップへ