一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 パリ協定締約国会合

作成日 | 2018.04.17  更新日 | 2019.07.06

パリ協定締約国会合

パリキョウテイテイヤクコクカイゴウ   【英】Conference of the Parties serving as the meeting of the Parties to the Paris Agreement  [略]CMA  

解説

2015年にフランス・パリで合意されたパリ協定の実施等に関して締約国が集まって協議する国連の会合。パリ協定第16条6項では「締約国会議の第一回会合は、この協定の効力発生の日の後に予定されている締約国会議の最初の会合と併せて事務局が招集する」と規定されており、2016年11月4日の発効直後に開催されたCOP22で形式的に第1回会合が開催されたのち、翌2017年にドイツのボンで開催されたCOP23に合わせて、パリ協定第1回締約国会合第2部(CMA1-2)として再開された。(2018年3月作成)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト