一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 三点比較式臭袋法

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

三点比較式臭袋法

サンテンヒカクシキニオイブクロホウ   【英】Triangle Odor Bag Method for Odor Sensory Measurement  

解説

臭気濃度の判定を行なうために用いられている官能試験法のひとつで、1973年に東京都公害研究所の石黒辰吉らによって、アメリカの規格によるASTM注射器法を改良して開発された測定法。

1995年の悪臭防止法(1971)の改正により、臭気指数による悪臭規制制度が導入されたが、この改正法の施行にあたり、同法に根拠を持つ測定法として採用された。3個のにおい袋を用意し、2個には無臭の、1個には採取した空気を入れてパネル(臭気の有無を判定する人)により臭気の有無を判定する。大方のパネルが着臭空気を判定できなくなるまで希釈することにより、臭気濃度を計量する方法である。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト