一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 ガス・バイ・ガス

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

ガス・バイ・ガス

ガスバイガス   【英】Gas By Gas  [同義]ガスバイガス 

解説

温室効果ガスの種類ごとに削減目標を定めて排出規制する方式のこと。

これに対して、「バスケット方式」がある。これは、排出削減目標を二酸化炭素などガスごとに定めるのではなく、温室効果ガスすべてを一括した二酸化炭素換算排出量で定める方式。バスケット方式を採用した場合、排出量の算出は、二酸化炭素を1として同重量あたりの温室効果ガスを係数で表した地球温暖化係数(GWP)を使用して行われる。たとえば、カーエアコンなどに使用される代替フロンHFC、1kgは、二酸化炭素に換算すると1.3から3.3トンとなる。

京都議定書ではガスバイガスでなく、バスケット方式が採用された。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト