一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

大成建設、国内初 環境配慮コンを用いたシールドセグメント「T-eCon/Segment」を現場導入

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2021.07.29 【情報源】企業/2021.07.01 発表

 大成建設株式会社は、環境配慮コンクリート「T-eConcrete(R)」を使用したシールドセグメント「T-eCon/Segment」を開発し、この度、国内初となる下水処理場内の管路施設工事への導入が決定した。本セグメントは、セメントを全く使用していないため、コンクリート材料製造過程で発生するCO2排出量を大幅に削減することができ、従来品と同等以上の性能を有している。また高炉スラグなどを大量に使用することから、資源の有効利用にも貢献する。
 同社は、「T-eConcrete」を用いたシールド工事の構造部材であるセグメント「T-eCon/Segment」を開発し、海老江ウォーターリンク株式会社発注の大阪市内の下水処理場シールドトンネル工事において、2021年6月より、外径6.4mのシールドトンネルで用いるセグメント5リング分(延長6m)の施工を実施することとなった。セメントを使わないコンクリートセグメントのシールドトンネルへの適用は、国内初となる。
 同社は、今後、環境配慮コンクリートセグメント「T-eCon/Segment」を有効な環境対策技術の一つとして、都市部におけるシールド工事に積極的に採用することにより、CO2排出量の削減と産業副産物の有効利用を推進し、低炭素社会循環型社会の構築に貢献していく、としている。
【大成建設株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース