一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

佐川急便、環境に配慮した輸送でスポーツイベントをサポート〜鉄道コンテナとEVトラックの活用によりCO2の排出量を約9割削減〜

エコビジネス 環境マネジメント】 【掲載日】2022.08.17 【情報源】企業/2022.07.06 発表

 佐川急便株式会社は、滋賀県守山市が共催する「平和とサステナブル」をテーマにしたトライアスロン大会「LAKE BIWA TRIATHLON IN MORIYAMA THE 2nd ANNUAL」において、守山市、日本航空株式会社、および日本貨物鉄道株式会社とともに、CO2排出を約9割抑制する輸送方法により、出場する選手の自転車等のトライアル輸送を実施する。
 今回のトライアル輸送では、サステナブルツーリズムの観点から、トライアスロン大会へ参加する一部選手の自転車等の手荷物について、鉄道コンテナを活用した輸送を実施。鉄道コンテナを利用することで長距離輸送に伴い発生するCO2排出量を抑制し、グリーンな大会運営に貢献する。

 (1)佐川急便営業所と東京貨物ターミナル駅間での輸送にEVトラックを使用することでCO2排出量を実質ゼロにする
 (2)CO2の排出量が最も少ないモードである鉄道コンテナ輸送を行うとともに、鉄道輸送に伴うCO2については、JR貨物では初めてJ-クレジットを利用(トライアル輸送においては滋賀県の森林由来のクレジットを利用)することによりオフセットを行う
 (3)自転車を梱包するボックスは繰り返し利用が可能なJAL所有の自転車輸送専用コンテナ「SBCON」を利用し、梱包資材から発生する廃棄物削減を行う
【佐川急便株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース