一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

化学物質簡易モニタリング技術の「環境技術実証モデル事業」試験要領第2版を公表

環境一般 調査/研究】 【掲載日】2005.05.16 【情報源】環境省/2005.05.16 発表

 環境省は平成17年度環境技術実証モデル事業のうち、化学物質に関する簡易モニタリング技術の「実証試験要領(第2版)」を17年5月16日までに策定した。
 環境技術実証モデル事業はエンドユーザーが安心して技術採用を行えるよう、メーカー側ではなく第3者が試行的に環境技術の効果について実証評価を行う事業。
 17年度は16年度に引き続き(1)化学物質に関する簡易モニタリング技術、(2)ヒートアイランド対策技術(空冷室外機から発生する顕熱除去技術)、(3)VOC処理技術(ジクロロメタン等有機塩素系脱脂剤処理技術)、(4)非金属元素排水処理技術分野(ほう素等排水処理技術)−−の4分野の実証評価を行うほか、新たに(5)湖沼等水質浄化技術を対象にする見込み。
 今回の実証試験要領は、このうち化学物質簡易モニタリング技術について、実証試験の実施体制、対象技術の選定、試験方法、試験結果報告書の作成−−などについての方針を示したもので、16年度に作成された化学物質簡易モニタリング技術の実証試験要領の改訂版となっている。
 なお環境省はこの試験要領に基づき、化学物質簡易モニタリング技術の実証評価を行う機関の応募受付を17年6月3日まで実施する予定。
実証評価機関の選定は6月開催予定の17年度第1回化学物質簡易モニタリング技術ワーキンググループでの検討を踏まえて決定されることになっている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク