一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

第9回内分泌攪乱化学物質問題国際シンポ、18年11月に釧路で開催へ

健康・化学物質 環境ホルモン】 【掲載日】2006.07.12 【情報源】環境省/2006.07.11 発表

 環境省は平成18年11月12日から14日にかけ、釧路市観光国際交流センター(北海道釧路市)で「第9回内分泌攪乱化学物質問題に関する国際シンポジウム」を開催することにした。
 このシンポジウムは(1)世界各国の内分泌攪乱化学物質問題への取組状況の情報共有化、(2)内分泌攪乱化学物質問題の研究の方向性検討、(3)各方面関係者との化学物質対策に関する意見交換実施−−などを目的に開催しているもの。
 18年度は、12日に一般向けプログラムを実施し、13・14日に専門家向けプログラムとして、「作用・影響評価」、「基礎的研究」、「野生生物」、「生態系影響」、「リスクコミュニケーション」、「健康リスクに着目した小児の環境保健」をテーマとしたセッションを実施予定。
 なお、プログラムの詳細、シンポジウムの参加受付については、18年9月上旬に改めて広報が行われる。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク