一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

ドイツ ソーラータワー型太陽熱発電所の実証試験設備の建設を開始

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2006.07.13 【情報源】ドイツ/2006.07.04 発表

 7月4日、ユーリッヒ市において、ソーラータワー型太陽熱発電所の実証試験設備の建設が始まった。
 設備は、2万平方メートル(サッカー場3つ分)の敷地に、太陽熱利用装置と日光を収集するための50メートルのタワーを組み合わせたもの。ここで発生する高熱により蒸気が生産され、タービンで電気に転換される。
 ソータータワー技術は、ドイツ航空宇宙センターとミュンヘン発電設備社によって開発され、数多くの準備プロジェクトが連邦環境省の支援で実施されてきた。
 今回の実証試験設備に伴う2200万ユーロの費用は、ユーリッヒ都市公社とノルトラインヴェストファーレン州、そしてバイエルン州が負担する。また、連邦環境省も370万ユーロの投資を行う。
 連邦環境省は、太陽熱発電設備の開発に対し、過去5年間で約3000万ユーロの助成を行っている。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース