一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

「国際化学物質管理戦略アジア太平洋地域会合に向けた国内フォーラム」を開催へ

健康・化学物質 その他(健康・化学物質)】 【掲載日】2007.02.16 【情報源】環境省/2007.02.16 発表

 2007年3月16日に東京・新橋の航空会館内会議室で、国際的な化学物質管理のための戦略的アプローチ(SAICM)関係省庁連絡会議による「国際化学物質管理戦略アジア太平洋地域会合に向けた国内フォーラム」が開催される。時間は13時から16時45分まで。
 今回の国内フォーラムは、07年5月の「SAICMアジア太平洋地域会合」への参加に向け、日本国内の行政、産業界、NGOによる化学物質管理の取組み状況について情報・意見交換を進めることが目的。
 会議は傍聴可能となっており、傍聴希望者は(1)「国際化学物質管理戦略アジア太平洋地域会合に向けた国内フォーラム 傍聴希望」と記入し、(2)住所、氏名、勤務先、電話番号、電子メールアドレスまたはFAX番号を明記の上、07年3月13日17時(必着)まで、電子メールかFAXで申し込むことが必要。宛先は(財)地球環境戦略研究機関「国際化学物質管理戦略アジア太平洋地域会合に向けた国内フォーラム」傍聴受付係(電子メールアドレス:saicm_forum@iges.or.jp、FAX番号:03−3595−1084)。
 SAICMは、06年2月にアラブ首長国連邦で開催された「国際化学物質管理会議」で採択された文書で、2020年までに、化学物質が健康・環境への影響を最小化する方法で生産・使用されるようにすることを目標に据え、科学的なリスク評価に基づくリスク削減、予防的な取組み、有害化学物質に関する情報の収集・提供、各国の化学物質管理体制整備、途上国に対する技術協力などの取組みを進めることを定めている。
 SAICMを推進するため、現在、世界5地域で国際会合の開催が予定されており、アジア太平洋地域では、07年5月に「SAICMアジア太平洋地域会合」がタイのバンコクで開催されることになっている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク