一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

国際化学物質管理戦略アジア太平洋地域会合がタイのバンコクで開催へ

健康・化学物質 その他(健康・化学物質)】 【掲載日】2007.05.16 【情報源】環境省/2007.05.15 発表

 2007年5月21日から23日にかけ、タイのバンコクで「国際化学物質管理戦略(SAICM)アジア太平洋地域会合」が開催される。
 SAICMは、06年2月にアラブ首長国連邦で開催された「国際化学物質管理会議(ICCM)」で国際合意された文書。2020年までに、化学物質が健康・環境への影響を最小化する方法で生産・使用されるようにすることを目標に据えつつ、科学的なリスク評価に基づくリスク削減、予防的な取組み、有害化学物質に関する情報の収集・提供、各国の化学物質管理体制整備、途上国に対する技術協力−−などの取組みを進めることを定めている。SAICMを推進するための事務局は、国連環境計画(UNEP)に設立されている(注1)。
 今回の会合は、現在、アジア太平洋、アフリカ、ラテンアメリカ、カリブ海地域、中東欧、西欧その他の5地域ごとに進められている地域レベルでのSAICM推進のための取組みの一環として、開催予定で、アジア太平洋地域・各国政府の化学物質担当者、産業界や市民団体関係者、関係国際機関関係者らが出席する。
 議題としては、アジア太平洋地域でSAICMを推進するための調整メカニズム、アジア太平洋地域・各国でのSAICMの実施、第2回ICCMの準備、財政的事項、今後のアジア太平洋地域会合−−などが議論される見込み。 【環境省】

(注1)各地域、各国、ICCMに参加した非政府機関はそれぞれ、SAICMに関するコミュニケーションを担う、フォーカルポイント(窓口)を決定することになっている。日本のフォーカルポイントはSAICM関係省庁連絡会議議長である環境省環境安全課長、アジア太平洋地域のフォーカルポイントは日本のフォーカルポイント所属行政機関の担当職員(環境省環境安全課担当者)とされている。

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク