一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

海上輸送によるモーダルシフト推進に向け、関係情報をウエッブ上から提供開始

大気環境 交通問題】 【掲載日】2007.05.24 【情報源】国土交通省/2007.05.23 発表

 国土交通省海事局は、海上輸送によるモーダルシフトを促進するために、海上輸送サービスの省エネ効果に関する説明や、一般の荷主に利用可能な海運事業者の運航スケジュールなどの情報を、ウエッブ上から新たに提供することにした。
 モーダルシフトとは自動車による輸送から、より二酸化炭素排出量が少ない船舶や鉄道への輸送へ輸送手段を転換していくこと。
 国土交通省海事局は18年10月に、海上輸送によるモーダルシフトを推進するため、フェリー、RORO船(注1)、コンテナ船による海上輸送事業者を構成メンバーとする「海上輸送モーダルシフト推進検討会」を設置したほか、一次的な荷主である物流事業者だけでなく、その発注者であるメーカーにもモーダルシフトへの切替えを意識的に進めてもらうために、海上輸送の特性や省エネ効果、海運事業者の運航スケジュール、積載能力、船舶設備などの情報提供を行っていた。
 今回のウエッブからの情報提供は、関係荷主から、これらの情報をインターネット上で手軽に入手できるようにしてほしいという要望があったことを踏まえて、開始されたもの。海上輸送の特性やその省エネ効果、個別航路別の関連情報、フェリー、RORO船、コンテナ船の定期航路一覧が掲載されている。【国土交通省】

(注1)ロールオンロールオフ貨物船の略称。トラックやフォークリフトがそのまま船内に乗り入れ、荷台の積み下ろしを行える貨物船。

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク