一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

EPA 微小粒子状物質(PM2.5)の削減に関する規則を公示

大気環境 大気汚染】 【掲載日】2008.05.20 【情報源】アメリカ/2008.05.08 発表

 EPAは、5月8日、微小粒子状物質(PM2.5)の削減に向けて、各州や地方自治体が講じる措置を示す規則を公示した。この規則は、PM2.5を排出する施設について、新規発生源審査(NSR)プログラムを適用する方法を提示するもの。NSRプログラムは、工業施設に対し、建設前に、特定の大気汚染物質の排出抑制方法に関する認可を取得するよう義務付ける。
 今回の規則は、PM2.5に関する1997年基準を達成していない地域にも適用される。これらの地域は2010年までに基準を達成しなければならない。【EPA】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク