一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

農薬飛散によるリスク軽減に向けた「公園・街路樹等病害虫・雑草管理暫定マニュアル」まとまる

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2008.06.03 【情報源】環境省/2008.05.30 発表

 環境省は、同省が設置する「農薬飛散リスク評価手法等確立調査検討会」(座長:森田昌敏 国立大学法人愛媛大学農学部教授)により取りまとめられた「公園・街路樹等病害虫・雑草管理暫定マニュアル〜農薬飛散によるリスク軽減に向けて〜」を公開した。
 本マニュアルは、公園・街路樹等における病害虫等の管理に関し、総合的病害虫・雑草管理(IPM)の考え方を基本とし、各自治体等がそれぞれの環境等に適した管理体系を確立していく上での参考情報を提供し、農薬飛散によるリスクの低減に資することを目的として取りまとめられたもの。
 環境省では、本マニュアルを基に今年度及び来年度にかけて調査・検討を実施し、その内容を盛り込んだマニュアルを策定する予定。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク